*

【青空レストラン】兵庫県 丹波黒大豆 は煮豆が最高!健康面のメリットも

   

【青空レストラン】丹波黒大豆とは

2015年12月26日に放送された青空レストランでは、兵庫県の「丹波黒大豆」が紹介されました。

 

000188156 【青空レストラン】兵庫県 丹波黒大豆 は煮豆が最高!健康面のメリットも
出典 兵庫県 https://web.pref.hyogo.lg.jp/af11/af11_000000115.html

 

丹波黒、という名で親しまれているこの黒大豆は正月の煮豆に最適だと言われています。

古くから丹波周辺で栽培されており、年貢で納めたと記録が残っているほど古くから愛されている黒大豆なのです。

 

そんな丹波黒大豆の魅力をご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

 

丹波黒大豆の魅力

丹波黒の特長は、まずその大きさです。
大豆の大きさは、百粒の重さ(百粒重)で比較しますが、一般の大豆が百粒重30グラム程度であるのに比べ、丹波黒は80~90グラムと世界でも類のない大粒です。
 
また、煮ても皮が破れにくくよく膨らみ、漆黒の色つやと広がる芳香、そのもちもちした食感により極上の食味となります。
その大きさや姿形の美しさ、美味しさから、最近では洋菓子など、様々なお菓子にも用途が広がってきています。
 
その他、ポリフェノールやイソフラボン等の成分が含まれることから、健康に対する機能性の面からも注目されています。
出典 兵庫県 https://web.pref.hyogo.lg.jp/af11/af11_000000115.html

 

・大きさが他の黒豆の倍以上

・皮が破けにくくふっくら

・食感も上品

・ポリフェノールやイソフラボンも豊富

 

他の大豆とは比べ物にならないくらい、ふっくらとして甘いということがお分かりいただけたでしょうか?

 

 

煮豆が美味しい、丹波黒大豆

丹波黒大豆を美味しく食べるには、煮豆が一番だと言われています。

煮ても皮がやぶれないので、味が凝縮してとても美味しく食べられるそうです!

 

お正月のおせちを作ったり、購入する際は「丹波黒大豆」の表記に注目してみてください。それだけで美味しい正月が約束されたようなものです!

 

是非、ご賞味ください♪

スポンサードリンク

この記事を、友達との話題にしませんか?

以下のソーシャルボタンを押して、話のタネにしてくれると嬉しいです∠( ゚д゚)/

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

スポンサードリンク

 - 医療・健康,

  関連記事

赤ちゃんポスト
【赤ちゃんポスト】とダウン症の子の話と、養子・引き取りの話

赤ちゃんポストの話とダウン症のお話 本日の記事は、以前書いた記事 赤ちゃんポスト …

脂肪肝
脂肪肝を治すには早歩き?30分で距離はどのくらいか【筑波大】

脂肪肝を治すには早歩き? 食べ過ぎなどによる脂肪肝は、早歩き程度の少し強めの運動 …

https://cookpad.com/recipe/4010340
スマステで紹介された「バター丼」東京藝術大学のメニュー!?

東京藝術大学の「バター丼」って知ってる? スマステで紹介された「バター丼」を知っ …

57ae4cfcc1581a4ad5a8a01b3b3ad800
マツコの知らない世界「壺ラーメン」は仙台の梅公で

壺ラーメンが話題に 出典 pinterest https://jp.pinter …

暗闇 スマホ
暗闇でスマホは目が悪くなる?考えられる悪影響について

猫も杓子もスマートフォン。 確かに、めちゃくちゃ便利ですよね。 あの持ち運びのし …

会話禁止カフェ アール座読書館
会話禁止カフェことアール座読書館の評判について【画像あり】

あさイチで会話禁止カフェが話題に 皆様は、「会話禁止カフェ」というものをご存知で …

http://iitokoronet.com/2016/11/06/post-15468/
度々問題になる「高学歴ママ」の悪い特徴と教育方針

「高学歴ママ」が問題に? 早稲田や慶応、東大といった高学歴と呼ばれる大学を卒業し …

IZM_C_01_02
食通絶賛!鮎ラーメン 味と値段

食通絶賛の鮎ラーメン! 出典 鮎ラーメン”わ” http://www.club- …

http://www.skincare-univ.com/article/019750/
母親しかならない「代理ミュンヒハウゼン症候群」て知ってる?

子どもを病気に?代理ミュンヒハウゼン症候群とは 子どもの子育ては母親中心に行われ …

相葉雅紀
相葉雅紀を悩ませた肺気胸とは?再発性や原因、症状について

今日は相葉さんデーですね。 さすがジャニーズ、さすが嵐、さすが相葉雅紀といったと …