*

エボラがアメリカで2次感染する原因…(他人事でない)

      2014/11/10

【AFP=時事】西アフリカでエボラ出血熱患者の治療に携わった後米国に帰国し、地元である北西部のメーン(Maine)州当局から隔離措置として自宅待機を命じられていた女性看護師が30日、自転車で外出した。

…(中略)…ヒコックスさんは、「科学的な根拠もないのに、自分の市民権が侵されるのを傍観しているわけにはいかない」と主張した。

出典:AFP=時事ーhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141031-00000000-jij_afp-int

b6c432 エボラがアメリカで2次感染する原因…(他人事でない)

と思わず言ってしまいたくなるニュースですが…日本でもこのようなことになってしまうのでしょうか?
自由の国アメリカだからこその結果だと思いたいのですが…。

アメリカはエボラ出血熱患者を隔離することさえ猛烈に叩かれる国でして。
隔離して見放すわけではなく、隔離して集中治療するためなのですが…それでもダメですか(´;ω;`)?

どう考えても自由の主張というよりわがままにしか思えません…。
一人の自由が多くの不自由を奪うのではないでしょうか…。

スポンサードリンク

というわけで、このようにウイルスの動きのみならず人の動きでも感染は拡大するということです。

例えば

こんな感じでうっかり頭を掻いてしまったり

237cb5aa エボラがアメリカで2次感染する原因…(他人事でない)

出典:newsまとめもりーーhttp://www.akb48matomemory.com/archives/1011475175.html

こんな感じで何も防護してなかったり

wpid 012 エボラがアメリカで2次感染する原因…(他人事でない)

出典:GIGAZINE-http://gigazine.net/news/20141017-clipboard-man-ebola/

所謂ヒューマンエラー(いやむしろエラーヒューマンかも)によって感染は拡大していくのですね。

しかし日本でも高齢者の方々は
「んなもん気合でなんとかなる!」
「毎日3食食べれば問題ない!」
「ワシはゲートボールで体動かしとるんやから免疫力半端やないたい!」

と軽視してしまいがちで心配です。

高齢者と関わりがある方は、過度に煽らない程度に、正しい情報を教えてあげてください。
日本にもいずれ来ると思いますので。

関連
【エボラ】ワクチンはいつまでに何人分できそうか
自称エボラ研究者が明かす、エボラ出血熱の真実とは。

スポンサードリンク

この記事を、友達との話題にしませんか?

以下のソーシャルボタンを押して、話のタネにしてくれると嬉しいです∠( ゚д゚)/

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

スポンサードリンク

 - 医療・健康

  関連記事

02284000101
子供に悪影響を及ぼす「毒母」とは?行き過ぎた愛情、母が重い・・・毒母の特徴

行き過ぎた愛情は「毒母」の原因に? 毒母という言葉が最近話題になっています。 毒 …

no image
dfreeはセンサーで便意を把握する。介護・医療現場で活躍か

 DFreeは、おなかに貼るだけで便や尿が「10分後に出ます」という情報をスマー …

r1乳酸菌
r1乳酸菌が、インフルエンザ・がん・風邪に効果ありの理由

私自身、r1乳酸菌自体を、聞いたことがないわけではありませんでした。 というのも …

https://192abc.com/16671
タレント・矢部美穂さんも子宮筋腫で手術!検診の重要性

タレントの矢部美穂さんが子宮筋腫の手術を受ける タレントの矢部美穂(39)が19 …

スコーロン デング熱
スコーロンの効果と評判・口コミについて デング熱対策なるか?

今年はスコーロンでデング熱対策?  帝人の「スコーロン」は蚊などがとまると触角や …

人と違う
カメラアイとは?人間の持つ不思議な能力と、その闇について

皆様は、「カメラアイ」をご存知でしょうか? 実は、これは以前お話したディスレクシ …

http://curassy.com/I23c2888
「五月病」の予防はゴールデンウィーク前から!原因と予防

五月病はGW明けに起きる! 体がだるい・・・気分が上がらない・・・そんな五月病の …

d6659061d6ac030b94aa7cfdae10ff2f
花粉症には「じゃばら」が良いらしい!じゃばらの効能とは。ジュースや飴で手軽に花粉症対策を

幻の果実「じゃばら」が花粉症によいと話題に 花粉症の季節がやってきましたね。 私 …

maxresdefault
玉ねぎに含まれるケルセチンとは?効果や副作用について

ケルセチンが注目を集めています。   今回はそんな玉ねぎに含まれるケル …

konan
自称エボラ研究者が明かす、エボラ出血熱の真実とは。

一ヶ月前のスレッドではありますが、以外と気づいていない人も多いのでここで紹介させ …