*

【10/18】香港デモの最新情報および現在の場所など

      2014/11/03

香港学生デモの最新情報および現在の場所についてのまとめになります(┐「ε:)

10月9日、香港政府は学生団体と10日に予定していた選挙制度改革を巡る対話を見送ると発表した。2017年の香港行政長官選挙で民主派の立候補を事実上排除するとした中国の全国人民代表大会(全人代)の決定の扱いを巡り事前調整を続けてきたが、折り合えなかった。また、学生らが退陣を求める梁振英行政長官が外国企業から秘密裏に報酬を受けていた疑惑も発覚した

引用元:Wiki-香港学生デモ(2014)

スポンサードリンク

10日に予定されていた政府と学生団体との対話が中止されました。
その理由は「建設的な対話ができない」と予想されたため。

以上の発表があったのが9日でしたが、10日には主要なデモ地域の1つである金鐘に数万人の人々が集まりました。
一時デモ体は100人程度に減りつつありましたから、香港の人々は憤りを取り戻した様子です。
(因みにその他の主なデモ場所は、中環、湾仔、銅鑼湾、旺角、尖沙咀等です)

ただ対談は中止となったものの、デモ自体は大きく動き始めています。

例えば、香港デモに参加する人が学生のみならず一般市民の比率も増えてきているということ。
例えば、香港トップと中国トップがこのデモの対応について話し合う可能性が高いということ。
例えば、アメリカ・ドイツ両大統領がデモ講義に理解を示していること。
例えば、あのアノニマスが中国政府に干渉すると宣伝したこと。
例えば、中国内でも天○門事件についてのデモが起こりかけていること。

ただどのようにことを進めようとも、中国政府が鎮圧を行う可能性は否めません。
もし仮に今回デモ側の主張を受け入れればそれはすなわち一国二制度の敗北を意味し、中国内でも、また台湾でもよからぬ動きが起こりかねませんから。

ただ過去の天○門事件を再び起こせば中国の評価はダダ下がりですから、早めに互の妥協点を見出すことが望ましいでしょう。

 

10/13追記

香港警察が民主派デモの設置したバリケード撤去を開始された模様です。
撤去されたのは上記でも紹介した金鐘地区。

少しづつ、動き始めていますね。

 

10/15追記

15日未明、警察が催涙スプレーを吹き付けるなどして双方が激しく衝突、デモ隊の45人が逮捕されました。道路は一部が開通しましたがデモ隊はまだ座り込みを続けていて、デモの先行きは依然不透明なままです。
引用元:TBS系(JNN)ーhttp://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20141015-00000008-jnn-int

【北京=矢板明夫】中国の治安当局は、インターネットで香港市民の抗議活動を支持したことなどを理由に知識人らを次々と拘束し、14日までに少なくとも50人を連行した。改革派とされる著名作家ら約10人の著書も発売禁止にした。中国共産党の重要会議である第18期中央委員会第4回総会(4中総会)を20日に控え、言論統制を一層強化する狙いがあるとみられる。
引用元:産経新聞ーhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141015-00000102-san-cn

中国お得意の規制が始まりました。
どうやら逮捕と同時に出版社等にも根回しがされていたようです。
「出版せんといてな(^ω^)」
と。

「規制は今に始まったことじゃないっしょ?」という声もありますが、これまでは香港に関する全ての書籍が規制されるわけではなかったようです。
しかし今回規制された。
つまり、規制が強まっているということですね。

また香港でも2度目となる催涙スプレーが誕生しました。
一度目に使用されたときは香港でも大きく避難されましたが、2度目となる今回はそれほど取り上げられておりません。

このように香港市民の容認ハードルが低くなってくることが少し心配です。
催涙スプレーを使われるのが当たり前とならなければ良いのですが。

結局香港市民に出来ることは座り込むことと、話すことだけ。
しかし政府はある種なんだって出来るわけですから。
当然のようにフェアじゃないーそれが今の中国・香港という国なのですね。

このままジリジリと政府が押し進めるのでしょうか?

 

10/18追記

さて、来週にも香港政府との対話が”予定”されている香港の民主派。
そんな中、17日夜に主なデモ地域の1つである旺角に約5000人が集結しました。

この集結は深夜にも及んでいます。
案の定警察側の動きは活発になっており、催涙スプレーや警棒の使用も目立っております。

ただ少し気になるのは以下の点

警察は17日朝、旺角の幹線道路に設置されていたバリケードなどを撤去し、道路の一部を開通させる一方、反対側でデモ隊の座り込みを容認。
引用元:読売新聞ーhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141018-00050000-yom-int

警察はあくまでも”合理的”に動いているということでしょうか?
確かに道路の座り込みは他の国民に迷惑を掛けますし、現にデモが原因で売上が落ち続けている商店街も数多くあります。
ですから、デモの長引きは香港全体の衰退を意味するのです。

また、デモが長引くことで学生と年配の方々の温度差は激しくなっていくかもしれません。
と言うのも、現在の香港の制度は2047年まで確約されており、それ以降は未定となっております。

学生にとって30年後というのは身近に感じる年数ですが、年配の方の30年後というのはある種若者に比べて関心が薄いのかもしれません。
むしろ香港でビジネスをしている分、早くデモを終わらせて売上を元に戻したいのではないでしょうか?
(学生は”今の”お金の心配はあまりしていないと思われます)

いずれにせよ、来週の対話で何かが変わるはず。
良くも悪くもですが。

なお、金鐘と銅鑼湾では今もなお幹線道路の占拠が続いています。

↑追記

【香港時事】香港・九竜地区の繁華街・旺角(モンコック)で17日夜に起きた民主派デモ隊と警官隊の衝突は18日未明も続き、デモ隊はいったん排除された幹線道路の北進車線を占拠した。
引用元:時事通信ーhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141018-00000025-jij-cn

夜から続いていたデモですが、デモ隊が道路を占拠し直したようです。
これはデモ始まって以来初とのこと。

それに伴いデモ参加者26人が逮捕されましたが…。
なかなかエネルギッシュですね、デモ隊。

スポンサードリンク

この記事を、友達との話題にしませんか?

以下のソーシャルボタンを押して、話のタネにしてくれると嬉しいです∠( ゚д゚)/

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

スポンサードリンク

 - 社会

  関連記事

https://twitter.com/sengen777/status/832226136788656129/photo/1
幸福の科学出版から「暴露本」2月17日発売!清水富美加さんの真実?

【緊急速報】幸福の科学出版から暴露本発売! ツイッターで、千眼美子さんこと、清水 …

https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20160523-00057991/
特殊詐欺 公開画像で中2女子出頭!少年法 違反【警視庁】

警視庁が特殊詐欺を公開捜査 特殊詐欺でだましとられたカードを使って現金を引き出す …

https://twitter.com/Dg_Lafas/status/637766092958502913
大津波警報の訓練が射水市・湯河原町などで実施 メールなんとかなりません?

本日2015年8月30日の午前、富山県射水市、神奈川県湯河原町などで 訓練用の大 …

男女平等ランキング2014
世界経済フォーラム 男女平等ランキング2014発表

最近何かと男女平等について討論されています。 先日は妊娠した直後に降格されたと理 …

http://jin115.com/tag/北朝鮮
北朝鮮「日本列島4島 核爆弾で沈めてやるわ」「米国はヤンキー」と声明

北朝鮮の新しい声明が過激すぎる!   14日の朝鮮中央通信によると、北 …

index_07
ブラックバイト「温野菜」、連勤、自腹購入・・・その他の事例も

増え続けるブラックバイト 大人気しゃぶしゃぶチェーンである「温野菜」が、ブラック …

https://twitter.com/_matu4649/status/912728623395700736/photo/1
けものフレンズ 問題で「本日中」「動物ファースト」がトレンド入り

けものフレンズ問題がさらに悪化   人気アニメ「けものフレンズ」のアニ …

http://buzz-plus.com/article/2016/01/07/becky-furin/
警視庁も不倫!相手女性は交通部のイベントを受注

警視庁も不倫?どんどん広がる不倫 不倫といえば、芸能人のベッキーさんとゲスの極み …

ママ友
ママ友いじめとは?内容や原因、対策について

今回ご紹介するのは、今流行り中の「ママ友いじめ」についてです。 大人がいじめられ …

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1702/12/news025.html
清水富美加引退「幸福の科学」へ出家。宗教について考えよう

清水富美加、芸能界引退 女優として活躍中の清水富美加さんが芸能界を引退することが …