*

スコットランドのアイロンブルーとは?日本での販売や通販など

      2016/11/07

今現在話題となっているのが、スコットランドの「アイロンブルー」と呼ばれる飲み物。

私も気になったので調べてみたところ、いかんせん情報不足の様子です。

しかしよぉ~く調べてみるとその片鱗が少しわかったので、ここに書いておくことにします。

よろしければ、参考にしてください。

 

アイロンブルー(IRN BRU)とは?

日本では「アイロンブルー」と調べてもなにも引っかかりませんが、スコットランドでは国民的飲み物のようです。

なんでも、1900年頃から親しまれている炭酸飲料だとか…。

どのくらい人気なのかというと、あの「コカ・コーラ」にも引けを取らない人気ぶりのようです。

 

こちらがアイロンブルー

IrnBruBruSkiesPromotion スコットランドのアイロンブルーとは?日本での販売や通販など出典:DRINKS-http://drink-brands.com/drinks/soft-drink/bru-skies-ahead-this-summer-with-irn-bru/

アイロンブルーの種類

アイロンブルーには様々なサイズがあるようです。

その幅、なんと150mlから5ℓまで。

5ℓって…完全に業者です(笑)

スポンサードリンク

アイロンブルーの通販と日本での販売

残念ながら、このアイロンブルーは日本では発売されていないようです。

というのも、このアイロンブルーには結構なカフェインが含まれているらしく、それがネックなのかぁと今人的には思っています。

もっとも、レッドブルのようにカフェインを抜いた状態で販売している国はあるようですが…。

 

で。

通販なのですが、早い話が以下になります。

Irn Bru Scottish Soda – 500 ml Bottle

 

こちらの商品が輸入可能かどうかは存じませんが、Amazon自体は海外から輸入可能です。

お値段は$4.95

もし気になる方がいらっしゃれば、輸入してみてはいかがでしょうか?

 

外国関連!

世界一寒い村「オイミャコン」でくらしたい方へ。最低気温はなんと…

【画像】わき毛カラーとは?アメリカの流行から、日本へも来るか?

【動画】マサイ五輪とは?競技内容や、彼らの運動能力も踏まえて

スポンサードリンク

この記事を、友達との話題にしませんか?

以下のソーシャルボタンを押して、話のタネにしてくれると嬉しいです∠( ゚д゚)/

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

スポンサードリンク

 - 海外,

  関連記事

ダウンロード
トランス脂肪酸をアメリカが禁止に 含む食品をチェック!

2018年、アメリカでトランス脂肪酸を禁止に   【ワシントン時事】米食品医薬品 …

http://macaro-ni.jp/17899
4月12日は「パンの日」と「パン記念日」って知ってた?

4月12日は何の日? 365日、毎日何かの日であるということは、知られていますが …

06111538_4fd59277281ce
ミシュラン掲載レストランよねむらのサマートリュフクッキーが美味しいらしい!

ミシュランに掲載されたレストランよねむら レストランよねむらをご存知ですか? 東 …

http://www.shunpanro.com/fugu/kind.html
ふぐの「白子酒」とろっと美味しいお酒!値段・通販情報まとめ

ふぐの白子酒がおいしそう♡ 2017年4月27日に放送されたとんねるずのみなさん …

https://jp.pinterest.com/pin/435934438917099000/
「鴨ねぎうどん」3日だけ半額の310円!丸亀製麺やるな!

2017年2月7日から9日 半額! 人気うどんチェーン店の丸亀製麺が、2017年 …

ランチ
サラリーマンの平均ランチ代について【あなたは平均以上ですか?】

第一生命保険が11日発表した昼食に関するアンケート調査によると、働く20~30代 …

17
大阪「魚伊(うおい)」のうなぎは外はカリっと中はふわっと絶品!

大阪「魚伊(うおい)」 うなぎの値段が段々と上がってきていて、国産うなぎを食べる …

kh_160421mac03
マクドナルド「クラブハウスサンド」本日発売!490円、値段通りの味?

マクドナルドの本気のバーガー、本日解禁 出典 NEVERまとめ http://m …

いろはすみかん
【2014】いろはすにカビ混入。原因や有害性について。

日本コカ・コーラは、商品の一部にかびが混入していたとして、「い・ろ・は・す みか …

ニャシュマロ
フェリシモのニャシュマロを通販で!付加価値も計算してみる(¥▽¥)

いつの時代も、動物の人気が衰える事はありません。 ほとんどの人が犬・猫などに好感 …