*

2016年の子どもの名前第一位は?「りお」ちゃんが増加している!?

   

2016年の子どもの名前ランキング

shutterstock 73195261 2016年の子どもの名前第一位は?「りお」ちゃんが増加している!?

http://topicks.jp/42209


 

毎年生まれた子供のどんな名前を付けたかというのが話題となりますよね。その年の流行がわかる子供の名前。一番多かった名前はどんなものなのでしょうか?

ことし生まれた子どもの名前で最も多かったのは、男の子が「大きい」と飛しょうの「翔」の文字を使った「大翔」(ひろと・やまと、など)、
女の子は、植物の「葵」(あおい・めい)だったという調査結果がまとまりました。
出典 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161128/k10010786881000.html

 

この調査は、明治安田生命が行っている調査で、毎年話題になるものです。

男子の1位:大翔

女子の1位:葵

このような結果が見られたそうです。

スポンサードリンク

2~3位も発表!

男の子は「大きい」に飛しょうの「翔」と書く「大翔」(ひろと・やまと、など)が2年連続で最も多く、次いで、草花のはすを表す「蓮(れん)」が2位、悠々の「悠」に真実の「真」と書く「悠真」(ゆうま、はるま、など)が3位となっています。

女の子は植物の「葵」(あおい・めい)が最も多く、次いで、ひらがなの「さくら」が2位、太陽の「陽」に菜の花の「菜」と書く「陽菜」(ひな、はるな、など)が3位となりました。
出典 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161128/k10010786881000.html

 

ちなみに、読み方だけに注目してみると、男子は「はると」・女子は「はな」が一番多かったそうです。

 

2016年ならではの名前も

今年開催したリオデジャネイロ五輪の影響を受け、「りお」という名前が大流行したそうです。

また、メダリスト内村航平選手の名前から「こうへい」、錦織圭選手の「けい」という名前も男子の名前の中では流行したそうです。

 

子どもの名前は、親が思いを込めてつけるものです。子どもも親も気に入る名前を付けてあげてほしいですね。

スポンサードリンク

この記事を、友達との話題にしませんか?

以下のソーシャルボタンを押して、話のタネにしてくれると嬉しいです∠( ゚д゚)/

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

スポンサードリンク

 - 医療・健康, 社会

  関連記事

ダウンロード
老人の万引きの理由と心理について 病気が原因ではなく…

高齢者の万引きの心理と理由とは ここ数年高齢者による万引きが増えて社会問題になっ …

41QeoZCiZOL._SX425_
河合塾のバンザイシステム2015開始!【センター試験】

みなさんは「バンザイシステム」をご存知でしょうか? 私もはじめ聞いたときは「ん? …

ダウンロード
豆乳グルグルヨーグルトの危険性 常温保存で食中毒!?

TBSの「あさチャン!」で紹介されたTGG(豆乳グルグルヨーグルト)ですが、 い …

http://www.men-joy.jp/archives/120788
「ノー残業手当」!?はるやまホールディングスの試み

ノー残業手当が登場!? 紳士服大手のはるやまホールディングスは1月12日、月間の …

51gf0KLNCSL._AA278_PIkin4,BottomRight,-44,22_AA300_SH20_OU09_
小保方晴子さんのその後について 理研はどうなる

さてさて。 10月7日、早稲田大学は小保方晴子さんの卒業論文に不備・欠陥があった …

18歳選挙権
18歳選挙権のメリット・デメリットについて 世界と比較してみると…

自民、民主、公明、維新などの与野党は17日、選挙権年齢を「20歳以上」から「18 …

12940025_1667678830159685_468869848_n
プチ贅沢の影響?エンゲル係数が増加!平均越えの家族も

エンゲル係数が増加している! 出典 Instagram https://www. …

18784088
椅子に「座りすぎ」は健康に悪い!?死亡率が上がるって本当・・・?

「座りすぎ」が健康を損ねる!? 私たちは生活の中で「座る」という動作をしていると …

org
また「年金給付金減額」か・・・。国会、GPIF運用悪化の場合は年金減額で対処する方針

また、年金給付金減額か・・・ 衆院予算委員会は15日午後、安倍晋三首相と関係閣僚 …

thumb_no531sc
がっちりマンデー「中島重久堂」鉛筆削り業界最後の砦!TSUNAGOで未来を築く

鉛筆削り「中島重久堂」 鉛筆削りと言えば、小学生のころには全員が持っていた必需品 …