*

40種類以上のクラゲ「加茂水族館」でリッラックス&ストレスフリー

   

山形県の加茂水族館でクラゲが楽しめる

山形県にある加茂水族館をご存知ですか?

山形県には水族館が1つしかなく、その1つが加茂水族館なのです。山形県民なら誰しも知っているものと思います。

 

そんな加茂水族館の魅力はクラゲ

子供やカップル向けのイルカではなく、あえてクラゲを全面的に押し出しているのです。

 

今回は、加茂水族館のクラゲについてご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

クラゲのプラネタリウム「クラネタリウム」

加茂水族館の魅力の一つは、クラゲを全面的に展示した「クラネタリウム」です。

ライトアップされたクラゲたちの神秘的な美しさに、リピートする人が多いのだとか。

 

687109 40種類以上のクラゲ「加茂水族館」でリッラックス&ストレスフリー
出典 Find Travel http://find-travel.jp/article/436

 

こちらが、クラネタリウムの一部です。

綺麗にライトアップされたクラゲたちがとてもきれいですね。星ではなくクラゲを見るという斬新さも相まって、素敵な一日が過ごせるのではないでしょうか。

 

 

クラゲには癒しの効果がある

実は、クラゲは、身体の約95%が水分です。
イソギンチャクとサンゴと同じ仲間で、身体は透明なゼラチン質でできています。
自分から動くことは少なく、大抵は水流に身を任せて漂って生活しています。逆に水流が無いと次第に水底に沈んでしまい、死んでしまうそうです。
そのため水槽で飼うのは難しいとされて ます。
出典 Find Travel http://find-travel.jp/article/436

 

クラゲは自分で泳いでいるわけではないのですが、水流に流されているその動きを見ているとリラックス出来たり、ストレスが解消されるという研究結果があるそうです。

そんなクラゲをライトアップしたクラネタリウムを観れば癒されること間違いなし!

 

 

店舗情報

名称:加茂水族館

住所:山形県鶴岡市今泉字大久保657-1

電話番号:0235-33-3036

開館時間:9:00~17:00(夏休み期間 9:00~18:00)

休館日:なし

 

スポンサードリンク

この記事を、友達との話題にしませんか?

以下のソーシャルボタンを押して、話のタネにしてくれると嬉しいです∠( ゚д゚)/

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

スポンサードリンク

 - 医療・健康, 観光

  関連記事

スコーロン デング熱
スコーロンの効果と評判・口コミについて デング熱対策なるか?

今年はスコーロンでデング熱対策?  帝人の「スコーロン」は蚊などがとまると触角や …

http://ameblo.jp/nobuyu717/entry-11966220676.html
高校寄せ書きノートが“がっちりマンデーで紹介 有薫酒蔵で探してみよう!

突然ですが、あなたの卒業アルバムの最後のページ「寄せ書き」には、 誰かからのメッ …

https://tokyo2020.jp/jp/games/mascot/
「東京五輪マスコット」が妖怪ウォッチに似ている件

東京五輪マスコットの案が発表! 東京オリンピックが2020年に開催されますが、そ …

赤ちゃんポスト
【赤ちゃんポスト】とダウン症の子の話と、養子・引き取りの話

赤ちゃんポストの話とダウン症のお話 本日の記事は、以前書いた記事 赤ちゃんポスト …

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=やふー&ei=UTF-8
Yahooで復興支援「3.11」と検索するだけで10円募金できる

東日本大震災から6年。今私たちに出来ること 2017年3月11日で、東日本大震災 …

幼児期
全国体力テスト2014発表!幼児期の遊びに大切なこととは?

全国体力テスト2014発表! 文部科学省は29日、小学5年生と中学2年生を対象に …

感染性胃腸炎
感染性胃腸炎とは?感染経路および予防法について

ノロウイルスなどの感染によって、嘔吐や下痢といった症状を伴う「感染性胃腸炎」の患 …

http://healthil.jp/20141
虫歯10本以上「口腔崩壊」の子供が57%!?脳の発達にも影響

口腔崩壊の子供が急増している!? 口腔崩壊(こうくうほうかい)という言葉を知って …

KY
エボラがアメリカで2次感染する原因…(他人事でない)

【AFP=時事】西アフリカでエボラ出血熱患者の治療に携わった後米国に帰国し、地元 …

膵炎 
逃げられない!?慢性膵炎(すいえん)の恐怖!

慢性膵炎、突発性50%!? 出典 難病情報センターhttp://www.nanb …