*

逃げられない!?慢性膵炎(すいえん)の恐怖!

   

慢性膵炎、突発性50%!?

111 3 逃げられない!?慢性膵炎(すいえん)の恐怖!

出典 難病情報センターhttp://www.nanbyou.or.jp/entry/193

慢性膵炎とはどんな病気か

食物を消化する消化酵素(アミラーゼ・トリプシン・リパーゼなど)と血糖値の調節を行うホルモン(インスリン・グルカゴン)を分泌する臓器である膵臓に繰り返し炎症が起こり、次第に膵臓の細胞が破壊され線維に置き換わり、膵臓全体が硬くなって萎縮していく病気です。病状の進行とともに膵臓の中にある膵液が流れる管(膵管)の形態異常が起こります。また、膵臓の中に石が出来る(膵石)こともあります。
出典 難病情報センター http://www.nanbyou.or.jp/entry/193

簡単に言うと、膵臓(すいぞう)の炎症が継続的に起こってしまうことで、膵臓の細胞が破壊されてしまう病気です! しかも、一度破壊された細胞は元には戻らないそうです。

 

もともとは男性の病気という印象のあった慢性膵炎ですが、実は女性患者がどんどん増えているそうです!

しかも、男性の慢性膵炎の原因は「アルコール多飲76.6%」であるのに対し、女性の原因は「突発性50%」です。つまり、アルコールを摂取していないから安心、というわけにはいかないのです。

スポンサードリンク

どんな症状?

最初は腹痛が主な症状!しかし、慢性膵炎は進行性の病気であるため、進行状況によって症状が変わっていきます。

・消化酵素の分泌低下による、消化吸収障害(脂肪便)

・インスリンの分泌低下により、糖尿病にも

・発ガンリスクがアップ!

百害あって一利なし、とはまさにこのこと・・・!

 

治療方法は?

急性ではなく、経度から中程度の症状であれば、原因・誘因を避けることが主な治療です。食事やストレスなどの生活習慣の改善が必要になります。

具体的には、

節酒・禁酒、脂肪の少ない食事へと移行し、過食をしない・コーヒーの飲み過ぎ・香辛料の制限なども必要になります。リラックスすることも大切であるようです。

まとめ

・アルコールの摂取には気をつけましょう。

・腹痛が慢性的に続いた場合は、すぐに病院へ!

・特に女性は特発性が多いので注意!

 

関連記事

離婚後300日問題の解決法と問題点について DNA鑑定は万能か…?

ロボット「オリヒメ」の価格や動画をご紹介【がっちりマンデー】

愛着障害~なぜ恋愛が上手くいかない!?~

スポンサードリンク

この記事を、友達との話題にしませんか?

以下のソーシャルボタンを押して、話のタネにしてくれると嬉しいです∠( ゚д゚)/

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

スポンサードリンク

 - 医療・健康

  関連記事

てんかん
ncseの症状とは?裁判では意識障害で無罪【てんかん】

なかなか理解を得られにくいのが、珍しい病気ですよね。 うつ病なども昔は「心の病気 …

62b74ce7-s
気を付けないと危険!?現代に潜む「適応障害」とは?症状と治療法

適応障害とは? 雅子様やアナウンサーなどが陥っている「適応障害」という病気をご存 …

ファイヤーホールド
トイレットペーパーのファイヤーホールドは汚い?起源と共に見てみる

ファイヤーホールドとは? 皆さんは“ファイヤーホールド”と呼ばれる、まるでプロレ …

yamada_convert_20120729215255
枕外来が勧める「手作りの玄関マット枕」とは?重ねるだけで不眠治療や肩こり対策に

玄関マット枕が話題に 仕事が始まり、正月疲れが出てくるころなのではないでしょうか …

オバマ大統領
エボラ出血熱の空港での対策が本格化。日本は?

先日の米国の件もあり、空港でのエボラ出血熱対策が本格化してきました。 一方で、日 …

社交不安障害
社交不安障害の簡易診断と治るかについて  厳しい見方も

社交不安障害が話題となっております。 社交不安障害とは、人や場面に対し強い不安を …

食中毒
カンピロバクターは、うつる?潜伏期間や薬、対処法について

「お腹イタタタ…」で済まないのが、この「カンピロバクター」という食中毒菌です。 …

マキシマムザホルモンン
【マキシマムザ亮君】髄膜炎の症状と危険性について

マキシマム ザ ホルモンのマキシマムザ亮君 (歌と6弦と弟)が”髄膜 …

スライドボード
スライドボードとは?使い方と、ダイエットの効果について

皆さんが小学生の時、ワックスのひかれた教室で、一度はスケートのように足を滑らして …

KY
エボラがアメリカで2次感染する原因…(他人事でない)

【AFP=時事】西アフリカでエボラ出血熱患者の治療に携わった後米国に帰国し、地元 …