*

逃げられない!?慢性膵炎(すいえん)の恐怖!

   

慢性膵炎、突発性50%!?

111 3 逃げられない!?慢性膵炎(すいえん)の恐怖!

出典 難病情報センターhttp://www.nanbyou.or.jp/entry/193

慢性膵炎とはどんな病気か

食物を消化する消化酵素(アミラーゼ・トリプシン・リパーゼなど)と血糖値の調節を行うホルモン(インスリン・グルカゴン)を分泌する臓器である膵臓に繰り返し炎症が起こり、次第に膵臓の細胞が破壊され線維に置き換わり、膵臓全体が硬くなって萎縮していく病気です。病状の進行とともに膵臓の中にある膵液が流れる管(膵管)の形態異常が起こります。また、膵臓の中に石が出来る(膵石)こともあります。
出典 難病情報センター http://www.nanbyou.or.jp/entry/193

簡単に言うと、膵臓(すいぞう)の炎症が継続的に起こってしまうことで、膵臓の細胞が破壊されてしまう病気です! しかも、一度破壊された細胞は元には戻らないそうです。

 

もともとは男性の病気という印象のあった慢性膵炎ですが、実は女性患者がどんどん増えているそうです!

しかも、男性の慢性膵炎の原因は「アルコール多飲76.6%」であるのに対し、女性の原因は「突発性50%」です。つまり、アルコールを摂取していないから安心、というわけにはいかないのです。

スポンサードリンク

どんな症状?

最初は腹痛が主な症状!しかし、慢性膵炎は進行性の病気であるため、進行状況によって症状が変わっていきます。

・消化酵素の分泌低下による、消化吸収障害(脂肪便)

・インスリンの分泌低下により、糖尿病にも

・発ガンリスクがアップ!

百害あって一利なし、とはまさにこのこと・・・!

 

治療方法は?

急性ではなく、経度から中程度の症状であれば、原因・誘因を避けることが主な治療です。食事やストレスなどの生活習慣の改善が必要になります。

具体的には、

節酒・禁酒、脂肪の少ない食事へと移行し、過食をしない・コーヒーの飲み過ぎ・香辛料の制限なども必要になります。リラックスすることも大切であるようです。

まとめ

・アルコールの摂取には気をつけましょう。

・腹痛が慢性的に続いた場合は、すぐに病院へ!

・特に女性は特発性が多いので注意!

 

関連記事

離婚後300日問題の解決法と問題点について DNA鑑定は万能か…?

ロボット「オリヒメ」の価格や動画をご紹介【がっちりマンデー】

愛着障害~なぜ恋愛が上手くいかない!?~

スポンサードリンク

この記事を、友達との話題にしませんか?

以下のソーシャルボタンを押して、話のタネにしてくれると嬉しいです∠( ゚д゚)/

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

スポンサードリンク

 - 医療・健康

  関連記事

http://www.jma.go.jp/jp/kosafcst/kosafcst-c.html
今の時期の花粉症は「黄砂アレルギー」かも?対策方法ご紹介します

黄砂アレルギーってなに?   中国から偏西風によって飛んでくる黄砂で、 …

ディスレクシア
ディスレクシアは治療・克服可能か まずは診断を

「努力が足りない!」 「甘えるな!」 「どうしてそうなるんだ!」   …

https://ecoeco-taizen.com/softener/softener-recommended/5489.html
10人に1人「化学物質過敏症」柔軟剤は毒ガスレベルの症状

化学物質過敏症、理解されない! 昨日、名鉄バスで香りバスを登場させたら化学物質過 …

不老不死
「nmn」なる、マウスを若返らせた錠剤とは?薬で寿命が100歳に!

人類の永遠のテーマの一つに、「不老不死」と呼ばれるものがあります。 私たちは(と …

daitashokai_tok-18
発火や故障も!ミツウロコ石油 が灯油にガソリン混ぜ販売

千葉県「ミツウロコ石油」が問題に 26日午後、千葉市緑区のガソリンスタンドで、ガ …

large
渋谷警察署19人結核感染・・・現代でも結核は危険な病気!

渋谷警察署で19人が結核に感染 本日、かなり怖いニュースが放送されました。 警視 …

ダウンロード
カサンドラ症候群をチェック 治療は離婚・別居しかない!?

カサンドラ症候群とは? 「カサンドラ症候群;カサンドラ情動剥奪障害(カサンドラし …

4133299l
【デング熱】虫よけアプリが流行!でも効果は―。

スマホで「蚊」や「虫よけ」といったワードで検索すると、「アンチモスキート」「蚊取 …

子育て
スマホが幼児に与える問題・影響とは?アプリ等で制限必須か

本日のニュースは、少し意外な内容でした。 スマホ・スマホと聞きますが、まさかここ …

http://blogos.com/article/194948/
豊洲地下から発がん性物質「ベンゼン」100倍が検出!安心はできない

豊洲市場から100倍近いベンゼンが検出 築地市場を豊洲へ移転するにあたって、土壌 …