*

日本老年学会の高齢社会の件まとめ 75歳以上が高齢者!?

      2015/06/20

日本老年学会の高齢社会の件

世界に類を見ない速さで高齢化が進む日本。2025年には、団塊の世代が全員75歳以上を迎える中、日本老年学会は12日、「現在の高齢者は10-20年前に比べて5-10歳は若返っていると想定される」とする声明を発表した。同学会では、今後の超高齢社会を活力あるものにするため、高齢者が就労やボランティア活動などに参加できる社会をつくることが必要と指摘している。

出典:医療介護CBニュースーhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150612-00000001-cbn-soci

 

 

まとまると

 

・現在の高齢者は、過去の高齢者に比べて5-10歳程度、慢性疾患の受療率・要介護確認率・死亡率が低下し、身体能力は上昇していた。

・また意識調査によると、高齢者は70歳以上と考えている人が多く、サポートが必要な高齢者は75歳以上と答える人が多かった。

・だからこそ、高齢者が働いたりボランティアできる場所を設けるべきだと日本老年学会は主張している。

・しかし一方で、高齢者の定義は身体能力ではなく年齢そのものであり、高齢者の定義を変えたところで社会と乖離するだけだという指摘もある。

 

とのこと。

 

スポンサードリンク

Twitterでの意見まとめ

このニュース内には書かれていなかったのですが、Twitterでの意見は以下のもの。

それは

 

「高齢者でも“働ける”社会にしたいのか、高齢者が“働かないと生きていけない”社会にしたいのか」

 

というもの。

 

 

また高齢者の定義の変更とともに年金の受給年齢も上げてしまう恐れを指摘する方や、

「年寄りは元気でも今の若者は搾取されてて老いてるけどね」と皮肉をおっしゃる方もいました。

 

 

個人的には、10年前と比べて平均寿命は2、3歳程度しか伸びていないのだから、このままでいいと思います。

それに何も高齢者を置いた存在として見る必要はないでしょう。

「元気な高齢者」でいいじゃないですか。

 

高齢者=劣った存在という考え方そのものが、時代遅れだと思います。

 

関連

高齢者ストーカーが急増!原因と対策について【スッキリ】

スポンサードリンク

この記事を、友達との話題にしませんか?

以下のソーシャルボタンを押して、話のタネにしてくれると嬉しいです∠( ゚д゚)/

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

スポンサードリンク

 - 社会

  関連記事

冤罪
埼玉県警のシールが痴漢の冤罪に拍車をかけかねないと話題に

埼玉県警のシールが痴漢冤罪を加速させるッ!? 痴漢犯罪の撲滅を掲げる県警鉄道警察 …

アベ政治を許さない ステッカー
【画像】アベ政治を許さないデモ・ポスターが全国で過激化

アベ政治を許さないデモが過激化  安全保障関連法案に反対して作家の澤地久枝さん( …

子連れ再婚
子連れ再婚は後悔する?幸せになる?離婚率も高く、反対意見多数

本日とくダネで、「増加する子連れ再婚の苦悩」という特集が放送されたようです。 子 …

http://www.pz-garden.stardust31.com/syokuniku-moku/araiguma-ka/araiguma.html
野生のアライグマ増殖中!九州で捕獲数が増えている

九州でアライグマの捕獲数が増えている 農作物への被害をもたらす特定外来生物「アラ …

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016101201001785.html
「生活の党」→「自由党」に名称変更。山本太郎氏は・・・

生活の党が名称変更、自由党復活へ   生活の党が名称を変更し、自由党が …

b72a29da27d565f4a4d60047148661341
乳児用「液体ミルク」は災害対策になる。※日本では製造販売できない

乳児用液体ミルク、賛否両論? 乳児用の液体ミルクをご存知ですか? 乳児用のミルク …

o0542038712097346607
株式会社太陽パーツ「大失敗賞」で挑戦できる企業づくり!【がっちりマンデー】

挑戦できる企業「太陽パーツ」 高校卒業、大学卒業が目前のシーズンになってきました …

http://ja.aliexpress.com/cheap/cheap-mothers-son.html
新しいマザコンの形!「ママっ子男子」が急増中・・・!

新しいマザコンの形!「ママっ子男子」急上昇中 母親が大好きな男性のことを「マザコ …

週休3日
週休3日制のデメリットについて。オランダ・フランスが憧れ?

週休3日制のデメリットについて 2020年に開催される東京オリンピックに向けて、 …

すれ違い
エコキャップ推進協会は内紛で分裂していた!?その理由とは

エコキャップ推進協会は内紛で分裂していた!? この記事は、先ほどの「エコキャップ …