*

籠原の食中毒、ポテトサラダから「o157」検出せず!!【速報】

   

o157による食中毒

ダウンロード 籠原の食中毒、ポテトサラダから「o157」検出せず!!【速報】

http://shunkashutou.com/market/column/potatosalad/

群馬、埼玉両県の総菜店で購入したポテトサラダなどを食べた客が病原性大腸菌O157に感染した問題で、前橋市の「でりしゃす六供(ろっく)店」で購入した食品を食べた人で新たに患者2人が判明し、うち子供1人が死亡したことが13日、分かった。

一連の問題で死者が確認されたのは初めて。同店ではこれまで9人の感染者が明らかになっている。
出典 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00000039-mai-soci

お店で販売しているポテトサラダを購入した人が、o157になっていたことから、このニュースが起きたときにはポテトサラダが感染経路だろうと言われていました。

しかし、ポテトサラダを製造している群馬の工場で検査をしたところ、o157が検出されなかったそうです。

スポンサードリンク

休業から再開へ

この問題は、フレッシュコーポレーション(群馬県太田市)が運営する埼玉県と群馬県の「でりしゃす」系列店でポテトサラダなどを購入して食べた人がO157に感染した。
ポテトサラダを製造した群馬県高崎市の食品会社に保管されていた食品サンプルなどからO157は検出されておらず、感染経路は明らかになっていない。

 でりしゃすの運営会社は全系列店で自主休業していたが、前橋市などの調査で再開に支障はないとして、今月7日に営業を再開した。六供店は13日から再び休業した。
でりしゃす六供店は、衛生管理に不備があったとして、前橋市保健所が先月、改善を指示していた。
出典 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00000039-mai-soci

感染経路がわからないままになってしまいましたが、ポテトサラダに問題がないということが分かったので、お店は再開されました。

しかし、食中毒が出てしまった以上売り上げは下がる傾向にあると思います。

ポテトサラダが原因でない場合は、トングなどの調理器具の可能性もあるので、これからも細心の注意を払ってもらいたいですね。

スポンサードリンク

この記事を、友達との話題にしませんか?

以下のソーシャルボタンを押して、話のタネにしてくれると嬉しいです∠( ゚д゚)/

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

スポンサードリンク

 - エンタメ, 医療・健康, 社会

  関連記事

https://twitter.com/docomo
12月からdocomo格安スマホ「mono」を導入!

docomoが12月から新しいサービスを導入する   NTTドコモ&l …

女子力男子
vio脱毛をする女子力男子とは…【とくダネ】

私がこれまで見てきて一番衝撃的だった「○○○子」は、「大人女子」でした。 しかし …

ベビーカーマーク
【JR西日本】ベビーカーマークはいつから掲出?反対意見は?

JR西日本はこのほど、京阪神地区の車両で「ベビーカーマーク」を掲出すると発表した …

http://www.city.kinokawa.lg.jp/seisaku/maynamber.html
「マイナンバーカード」が保険証に!普及の遅れが深刻に

マイナンバーカードが保険証代わりに!   平成27年の10月から導入さ …

https://www.rt.com/usa/377147-oroville-dam-collapse-evacuation/
アメリカ最大の「オロヴィルダム」が決壊!?避難指示も

アメリカ最大のオロヴィルダムが決壊!? アメリカ最大のダムで知られている、カリフ …

SNEP
【あさイチ】SNEPとは?対策や問題、ニートとの違いについて。

世界で1つだけぇ~の―はSMAPです。 今回お話しするのはSNEPです。 今回の …

御嶽山 捜索
【御嶽山噴火】捜索はいつまで?費用や自衛隊も考えないと

御嶽山噴火から2週間と少しが経ちました。 が、16日現在も自衛隊の方々は懸命に捜 …

回転遊具 撤去 危険
公園の回転遊具が撤去 危険な事故にもつながりかねないという…

公園の回転遊具が撤去… 回転するジャングルジム(グローブジャングル)など動きのあ …

ダウンロード
豆乳グルグルヨーグルトの危険性 常温保存で食中毒!?

TBSの「あさチャン!」で紹介されたTGG(豆乳グルグルヨーグルト)ですが、 い …

細雪
細雪~谷崎潤一郎が託したタイトルの意味とは?~

小説『細雪・谷崎潤一郎著』とは? 第二次世界大戦真っ只中の昭和18年1月、月刊誌 …