*

大塚家具が会員制を撤廃 会費の影響とこれまでのメリットについて

      2015/04/25

大塚家具が会員制を撤廃 会費の影響は大丈夫?

大塚家具の大塚久美子社長(47)は9日、毎日新聞のインタビューに応じ、3月の株主総会で経営から外れた父親で元会長の勝久氏(71)の処遇について、「創業者とのふさわしいかかわり方を協議している」と述べ、ポストを用意する考えを明らかにした。また、今後は一部店舗で残っていた会員制を事実上撤廃し、勝久氏が作った会員制の事業モデルとは決別する考えを改めて示した。

出典:毎日新聞ーhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150409-00000105-mai-bus_all

 

本日2つめの大塚家具に関する記事です。

1つ前では、“お詫びセールの評判いかが”ということに関して書きました

大塚家具のお詫びセールはいつまで?その他ネット上の評判まとめ

 

そして今回、大塚家具が会員制度を撤廃させるとのこと。

私はこれまで大塚家具が会費をとって会員制度を行っていると考えていたので、「また収入が減ってしまうけど大丈夫?」と思っていたのですが…そうではないんですね。

大塚家具はずっと、会費無料で行っていたんですね。

 

では、なぜ大塚家具は無料で会員制を行っていたのか。

お客にとってどのようなメリットがあったのか。

調べてみました。

 

スポンサードリンク

大塚家具で会員になるメリット

ここからの文章は大塚家具で買い物をされたことがある方にとっては当たり前となってしまいそうなのですが…。

一応、ご紹介しますね。

 

まず、大塚家具は会員でなければ買えない家具があるとのこと。

ですから、大塚家具で欲しい家具があれば、会員になる必要がある。

こうしてお客さんを囲い込んでいたようですね。

 

ではお客さんにとって会員がどう言うメリットがあるのかというと、購入履歴をずっととってくださっているようです。

ですから、「○年前に買ったアレ、良かったよね~。あれちょうだいよ」と言われれば、「はいただいま」とできるわけですね。

通常、量販家具店はここまでしてくれないようです。

 

イメージとしては、商品を売り込むのではなく、「言われたものはすべて揃えますよ^^」というスタンスで、会員制度を行っていたようです。

 

会員制度を撤廃すると、そういった囲い込みやお客さんの情報を把握できなくなるわけですが…。

現会員の方は、どう思ってるんでしょうね( ‘-‘* )?

スポンサードリンク

この記事を、友達との話題にしませんか?

以下のソーシャルボタンを押して、話のタネにしてくれると嬉しいです∠( ゚д゚)/

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

スポンサードリンク

 - 社会

  関連記事

http://www.kanto-gakuen.ac.jp/high/training.htm
「中央教育審議会」教員にタイムカード導入【隠れブラック企業】

隠れブラック企業は「学校」! 今までブラック企業の記事をいくつか書かせていただき …

ひきこもり主婦
ひきこもり主婦は、子なし・子供ありで違う?子育て主婦が有利!

ひきこもり主婦は、子なし・子供ありで違う? 先ほど「無気力なひきこもり主婦を脱出 …

子育て
子育て給付金が休止の理由は?なぜか、育児手当と間違う人も

政府は17日、4月の消費税増税に伴う経済対策の一環として今年度から支給を開始した …

ph_02_1
霊園「永代供養墓」が増える!?墓参りやお布施不要・・・メリットとデメリット

永代供養墓が増える・・・! 出典 法華経寺 http://www.hello-b …

ダウンロード (1)
ブラック塾バイトの内容を改めて見てみよう【厚労省】

ブラック塾バイトに厚労省が改善を要請 学生がアルバイト先で残業代が支払われないな …

使える失敗
退職した会社に再入社する制度 。対象は優秀な社員のみ!?

退職した会社に再入社する制度が流行り始めている!? 新卒入社した会社で定年まで勤 …

ダウンロード
2015年6月の年金支給日 こんな詐欺に注意しましょう!

2015年6月の年金支給日は、不正アクセス以来初 2015年6月15日の本日は、 …

http://creative311.com/?p=8582
エアバックのタカタ「民事再生法」負債1兆円を超える

エアバックのタカタが民事再生法を申請   トヨタの車に搭載していた、タ …

ダウンロード
かかりつけ薬局のデメリットとメリットについて 導入は2016

政府は10日、患者の服薬状況を一元管理する「かかりつけ薬局」制度を導入する方針を …

2018
2018年問題が若者の雇用を救う

2018年問題をご存知だろうか。 2018年問題と言うのは、2018年以降急激に …