*

世界が驚く!金沢の名産「レインボーキャンドル」1本600円!?

   

金沢のレインボーキャンドルが話題に

30 世界が驚く!金沢の名産「レインボーキャンドル」1本600円!?

http://www.rainbowcandle.jp/page/1


今話題になっているレインボーキャンドルをご存知ですか?

今までレインボーキャンドルと呼ばれるものは、ろうの部分が虹色になっているものが主体でしたが、金沢生まれのレインボーキャンドルはそれとは違うのです。

なんと、虹色の炎が出るというろうそくなのです!

スポンサードリンク

レインボーキャンドルのメカニズム

レインボーキャンドルが虹色に燃えるのは、炎色反応で燃えているのです。
炎色反応とは、炎の中に金属を入れると、金属特有の色を示す反応のことです。
例えば、銅は緑色、リチウムは赤色、カリウムは紫色、ナトリウムは黄色など、金属が燃えて気化した時に、微粒子が色を出します。
緑色・黄色・赤色・紫色の4色が中心ですが、そこに中間色などを入れると人間の目には虹色に見えるのです。
 
この金属が色を出して燃えることは、昔から化学の世界ではわかっていたことでした。
ただそれを持続的にきれいに燃え続けさせることがこれまで誰も出来なかったのです。
出典 http://www.rainbowcandle.jp/page/1

金属の微粒子が出している色で虹色を表現しているそうです。

 

気になる値段は・・・

金属を燃やしているというレインボーキャンドル。値段が高いのではないかと思う人も多いと思います。

しかし、ディナー用(15分ほど)のレインボーキャンドルは1本600円程度なのです!そこまで高価ではなく、特別感もあるので恋人との時間や友達とのパーティーなどで役立ちそうですね。

最近600円のレインボーキャンドルの生産が追いついていないので、在庫はない状態ですがこちらから購入できます。

 

科学の進歩によってとても綺麗なレインボーキャンドルが誕生しました。

特別感が味わえるので特別な時に使ってみてください。今はテレビなどで放送されて在庫がない状態が続いているようですが多量に買えば在庫はあるようなのでチェックしてみましょう!

スポンサードリンク

この記事を、友達との話題にしませんか?

以下のソーシャルボタンを押して、話のタネにしてくれると嬉しいです∠( ゚д゚)/

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

スポンサードリンク

 - エンタメ, 社会, 観光, 豆知識

  関連記事

http://blog.goo.ne.jp/hayate2011/e/5f8b84259a1cbbaf7ea2ecbc5c4cff01
鋼の錬金術師2017年冬実写化「意外といいかも」という点まとめ

鋼の錬金術師が実写映画化! ファンが多い鋼の錬金術師、知らない人は少ないのではな …

ボゼ
悪石島のボゼは、人口の通りアットホームな祭りだった

日本には「なまはげ」を代表とする、“奇祭”と呼ばれるものがあります。 今日ご紹介 …

ルング棒 マサイ
ルング棒とは?通販でマサイ族のグッズが買えちゃう…?

マサイ族の勇者の証、ルング棒 皆さんは、「ルング棒」と呼ばれるものをご存知ですか …

jcb01
若年低所得層「商品券」バラマキ案・・・若年層の消費支出前年度比11.7%減

若年低所得者へ商品券を配布? 政府は23日、景気刺激のため編成する平成28年度補 …

http://www3.nhk.or.jp/weather/
今日も寒いぞ!2月10日の大雪警報まとめ【防寒対策】

今日も寒い!全国的に冷え込む2月10日 昨日、2017年2月9日は、肉の日・・・ …

ff2299536ae08eba52e8ed332a8ced74
【バンキシャ】子供たちに「孤食」が与える影響とは?貧困との関係

子供の貧困が増えている! 本日放送されたバンキシャでは、子供たちの貧困について紹 …

http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20151125/Escala_20151125_5345858.html
「サラリーマン川柳」ゆとりVSバブル?おもしろすぎる!

サラリーマン川柳が今年も集まった! 第一生命保険は2月13日、第30回「第一生命 …

限界集落
日本の限界集落の、問題点と再生・対策について

<自治はどこへ>「限界集落の星」転落 29歳町議の逮捕 上記のような、限界集落の …

ドクターイエロー
ドクターイエローがサンタ仕様で、クリスマスプレゼントを配っている模様

またまた \こいつぅ~/ 出典:ニコニコ大百科-http://dic.nicov …

けんせつ小町
けんせつ小町とドボジョの違いとは?

草食男子に始まり、何かを一括りとしてネーミングすることがブームとなっています。 …