*

リタリンの効果と依存について ADHDも処方されなくなったけど…

   

皆様は「リタリン」と呼ばれるお薬をご存知でしょうか?

勿論、リポDに含まれているものではありません(それはタウリン)。

リタリンは現在ナルコプレシーの治療に用いられています。

 

しかし、以前はナルコプレシー以外にも、ADHDやうつ病にも治療薬として用いられていたようです。

そして一定の効果も上げていたのにも関わらず、現在は使用禁止。

それは一体なぜでしょうか?

 

リタリンの効果と依存について

リタリンは以前ADHDやうつ病にも用いられていたわけですから、ADHD患者を落ち着かせたり、うつ病患者を物事に前向きに集中させる効果も確認されておりました。

しかしリタリンは極めて依存性の高い治療薬であり、薬を断ってしまうと突然フラッシュバックが襲ってきたり、欝になったりすることが明らかとなりました。

そして同時に、利益のために安易にリタリンを処方する医者の存在もあってか、現在はナルコプレシー患者にのみ処方されるようになりました。

スポンサードリンク

リタリンは“麻薬だ”と言われているけれど…

そんなこともあってか、リタリンは「麻薬と同じで危険だ」と言われています。

そしてこれらの薬を使用したことのない方は、「危険ならダメだ。やめるべきだ」と言うでしょう。

 

しかし実際の使用者の声を聞いてみると、「麻薬みたいな効果は現れたことがない」「規定量を守ればまずそんなことはない」といいます。

これは一体どう言うことなのでしょう。

 

これは恐らく依存する方は、初めから依存する事を理解して、それでも良いから(多めに)摂ってしまうのではないでしょうか。

つまりヤマト運輸さんのメール便が廃止された件のように、一部の方の予定外の行動で、問題なく使用している多くの人が影響を受ける結果となったのではないでしょうか。

 

確かにこのような薬に縁のない私たちは、薬に依存して何をしでかすかわからない人は危険だと思うでしょう。

例え100救えたとしても1何かが生まれてしまうのであれば、まとめてなかったことにしてしまいたくなるのかもしれません。

これは、「アニメを見るとよからぬ事件を起こす。だからアニメは廃止しろ!」と言っているのと近いかもしれません。

 

何にせよ、少数派は辛いということです。

ちなみにリタリンの代わりとしては、ベタナミンやコンサータが愛されているようです。

心の診断☟(^ν^)☟

サイコパシーとは?傾向のチェックリストで診断もしてみよう

ディスレクシアは治療・克服可能か まずは診断を

スポンサードリンク

この記事を、友達との話題にしませんか?

以下のソーシャルボタンを押して、話のタネにしてくれると嬉しいです∠( ゚д゚)/

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

スポンサードリンク

 - 医療・健康

  関連記事

エボラ
【8月】エボラ出血熱の最新情報 日本は現在どうなった??

1日遅れとなりますが、8月8日は何の日か覚えていますか?   そう。 …

感染性胃腸炎
感染性胃腸炎とは?感染経路および予防法について

ノロウイルスなどの感染によって、嘔吐や下痢といった症状を伴う「感染性胃腸炎」の患 …

レジリエンス
レジリエンスを高める方法。世界一受けたい授業で話題に

レジリエンスを高める方法が、世界一受けたい授業で紹介されました 昨今は「生きづら …

large
幸せの秘訣「オキシトシン」とは?SNSの普及で不足しがちなオキシトシンは健康・浮気防止効果

「オキシトシン」は幸せホルモン 出典 weheartit http://wehe …

患者取り違え
横浜市立大学病院の患者取り違え事件の対策について

本日2014年12月13日の午後20時から、フジテレビでは「世界の大事件」と呼ば …

アメリカ エボラ 最新
【10/15】エボラ出血熱のアメリカ最新情報

米疾病対策センターは12日、米国での初感染者となった男性患者の手当を担当していた …

http://www.jma.go.jp/jp/kosafcst/kosafcst-c.html
今の時期の花粉症は「黄砂アレルギー」かも?対策方法ご紹介します

黄砂アレルギーってなに?   中国から偏西風によって飛んでくる黄砂で、 …

介護福祉
介護福祉士の統合。問題やメリット・デメリットのまとめ

介護福祉士と保育士が統合 厚生労働省は少子高齢化と人口減で人手不足が懸念されてい …

液キャベ
二日酔いや食べすぎには液キャベを!効果や値段について

ジャニーズユニット「舞祭組」がCMを担当するとのことで、液キャベが話題となってお …

食中毒
カンピロバクターは、うつる?潜伏期間や薬、対処法について

「お腹イタタタ…」で済まないのが、この「カンピロバクター」という食中毒菌です。 …