*

小児科学会がアイドルのヘリウムガスの事故をまとめてくれました。

   

2015年1月28日に、テレビ朝日の番組の収録中にアイドルがヘリウムガスを吸引した事故について、小児科学会がその詳細をまとめてくださっています。

そのレポートが、以下になります。

No. 53 ヘリウムガス入りスプレー缶の吸引による意識障害

 

臨床診断名に書かれている脳空気塞栓抜症については、以下の記事をお読みください。

脳空気塞栓抜症とは?症状や治療について

 

スポンサードリンク

 

今後、どのように対策をすべきか

こどもの生活環境改善委員会が、この件についていくつかのデータやアドバイスもしてくれています。

わかりやすくまとめると、以下のようになります。

 

  • 今回用いられたヘリウムガスのスプレーは、大人用だった。
  • ヘリウムガスによって、人は命を失うことがある。
  • ヘリウムガスで空気塞栓症になる例は非常に稀だが、条件が整えば十分にありえる。
  • テレビでヘリウムガスを面白く使うことにより、子供たちが真似して同様の事件を起こす可能性がある。
  • その対策として、医療関係者が今回のような子供の事件を明らかにしたり、大人にしか販売しないなどをすべきだ。
  • しかしこれらの対策をもってしても全てを防ぐことは不可能なため、1回の吸引で排出される量を制限したり、一度にたくさん吸えないように匂い等を付けるとなど、製品自体に制限を設けるべきだ。
  • 今回、12歳にヘリウム缶スプレーが用いられたことは、審査が必要だ。
  • そして、今後このようなことがないように、今回の件を詳細に調べ予防法を考え、それを公表すべきだ。

とのこと。

 

 

最後の部分は非常に重要で、こういう時こそテレビをうまく活用して欲しいですよね。

“こういうことはしないでください”だけではなく、“こうやって対策してください”と。

 

いずれにしても、テレビで12歳の少女に成人用のヘリウムガスを吸引させることは、影響力のあるメディアのすることではありません。

 今のところテレビではこの詳細については公表されてませんが――どう対応されるのでしょう?

 

関連

公園の回転遊具が撤去 危険な事故にもつながりかねないという

 

スポンサードリンク

この記事を、友達との話題にしませんか?

以下のソーシャルボタンを押して、話のタネにしてくれると嬉しいです∠( ゚д゚)/

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

スポンサードリンク

 - 医療・健康

  関連記事

社交不安障害
社交不安障害の簡易診断と治るかについて  厳しい見方も

社交不安障害が話題となっております。 社交不安障害とは、人や場面に対し強い不安を …

https://koarubiyori.jp/item/11326
グッド!モーニング「一姫二太郎」とは?ママの中では勝ち組?

グッドモーニング「一姫二太郎」が紹介 2017年9月25日に放送されたテレ朝『グ …

ff2299536ae08eba52e8ed332a8ced74
【バンキシャ】子供たちに「孤食」が与える影響とは?貧困との関係

子供の貧困が増えている! 本日放送されたバンキシャでは、子供たちの貧困について紹 …

鎖国
【エボラ】空港は閉鎖するべき?対策しても防ぎきれない…

エボラ出血熱の収束国が誕生する一方で、感染者は増え続けています。 WHOは23日 …

4133299l
【デング熱】虫よけアプリが流行!でも効果は―。

スマホで「蚊」や「虫よけ」といったワードで検索すると、「アンチモスキート」「蚊取 …

カナダ 国旗
エボラ カナダでも入国禁止へ

日本は29日に、WHOの指示通り入国制限は行わないと宣言しました。 これが吉と出 …

アメリカ エボラ 最新
【10/15】エボラ出血熱のアメリカ最新情報

米疾病対策センターは12日、米国での初感染者となった男性患者の手当を担当していた …

51aD1ij6tLL._SX344_BO1,204,203,200_
母乳信仰で障害などの危険性 人工乳で対策を

母乳進行・完全母乳主義は危険!? ネットで販売されている冷凍母乳に人工母乳が混入 …

http://gontazaka.sakura.ne.jp/alacarte_61.htm
名鉄「香りバス」はリラックス効果!化学物質過敏症者からクレーム・・・

名鉄「香りバス」が話題に! 名鉄が新しい取り組みを行っています。 名鉄バスは、車 …

フランス 国旗
【エボラ出血熱】フランスでも空港で旅行者に対し検査開始

さて、エボラの患者推移予想図の通りに、エボラ出血熱の患者は増え続けています。 エ …