ポテトチップス

食べたらガンになる?シリーズというものがありますよね。
例えばコゲだとか、カビだとか、カップラーメンだとか。

で、今回じゃがいもにも含まれるアクリルアミドに毒性があるとして食品安全委員会が評価案を示しました。
じゃがいもといえばポテトチップス…残念ながら含まれている可能性が高いとのこと。

今回はそんなアクリルアミドについての記事です。

スポンサードリンク

アクリルアミドとは?

アクリルアミド自体に問題があることは定かで、これに触れると神経障害を起こします(つまり皮膚からも吸収するということ)。
安全データシートでは、「哺乳類の場合、体重1kgあたり100mgの量を摂取した内半分の個体が死ぬ」と書かれています。

つまり毒劇物というわけです(゚Д゚)ノ

ただこのアクリルアミドとじゃがいもがイコールかと言われればそうではなく、じゃがいもを120℃以上で揚げるor焼くor煎る場合にこのアクリルアミドが発生すると言われています。

ですから、じゃがいもを茹でたり蒸したり生で食べる分にはアクリルアミドの心配をする必要は無いでしょう。

因みにこのアクリルアミド、どの程度摂取するとがんになるかなどは未だ明らかではありません。
しかし一節ではこのアクリルアミド、生物解性が高い(体の中の微生物により分解されやすい)ため問題は無いだろうという意見もあります。

ただスナック菓子はその他にも問題は山盛りなので、意識的に取る必要はないでしょう。
大替が効くのであれば、そちらを取りましょう。

 

その他に含まれている可能性のある食べ物は?

…実はこれ、めっちゃあります。
厚生労働省曰く、以下がそれに当たるようです。

ポテトチップ
フライドポテト
食パンの耳、トーストの焦げた部分
揚げ物の焦げた部分
ほうじ茶
麦茶
中国茶
ココア
コーヒー
かりんとう
アーモンド
クッキー、ビスケット、クラッカー
芋けんぴ
きな粉
カレー粉
インスタントラーメン

引用元:wikipedia-アクリルアミド

もう何も食えねぇヽ(`Д´)ノ

…というほどでもないですが、中にはお茶類やカレー粉など当たり前のように日常で摂取しているものもありますね。

先にも述べましたが、大替が効くのであれば変えて良いかもしれません。