煽り画像

話は、秋山鉄工の採用ページを見てからでしょう。
秋山鉄工 採用について

 

いかがでしょう?
正直これは、読む人の立場によって違うと思います。

人を雇う側は「確かにその通りだ!」と感じるかもしれませんし、
雇われる側は「いや、おかしいだろ!」と思うのかもしれません。

もし仮に上記の条件が正しいとするのであれば、おかしいと思う人が多い結果に。
それを裏付けるように、今現在秋山鉄工は叩かれまくってますし、サーバーダウンまで起こしてしまいました。

ですので、ここではあえて叩かない方の意見を述べようと思います。

スポンサードリンク

まず先にも述べたとおり、人を雇う側の人間・もしくは役職に就いている人は、
「言いたいことを言ってくれたなぁ~」
と思うのではないでしょうか?

というのも、企業とは利益を上げるのが使命。
そのために多くの企業は若い人材にお金を投資(つまり給料を払って)しているわけです。

しかし仮に職人の世界であれば、学ばせていただく立場でお金がもらえるなんてのは、学生気分が抜けていないことの裏返しとも取れます。
役に立っての給料、お金は自分で稼ぐもの。
役に立たない人に給料を払うことは、合理的とは呼べませんね。

例えば私たちは英語を学びたいとき、お金を払って学校に通い、それを学びます。
そして今度、英語を使ってお金をいただくことになります。
これが通常のプロセスです。

どうでしょう。
このように説明されれば少しは理にかなっている意見だと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

尤も、嫌ならこの企業を避ければ良いだけです。
幸い秋山鉄工はホームページを見る限り、人材にも困っていないそうなので。
この採用にムカついたら、1年目からでも企業が金を払って手放したくないと思うような結果を出せば良いのではないでしょうか。