ブラックリスト様へメール!誤送信、システム不具合・・・本当に?

これはひどい・・・「ブラックリスト様」

4932b3fd

出典 毎日新聞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150307-00000042-mai-soci

「みんなの生命保険アドバイザー」というインナーネットサービスを行うパワープランニング株式会社から約2000人に送られたメールです。

みなさんも気づきましたか、「ブラックリスト様」

各業界にブラックリストが存在するという噂は聞きますが、ここまでおおっぴらにやってしまうか!?と思う人も多いと思います。

このメール・・・驚きなのが、ブラックリストとは関係のない人に送られているということです!

そもそも、「みんなの生命保険アドバイザー」とは?

インターネットを使い、新規保険、保険見直しの際に申し込むと、無料でファイナルンシャルプランナーを紹介してもらえるシステムです!

今回、送られたメールは、このサービスに申し込んだ人にお断りをするメールですが・・・じつは、申し込んでいないひとにも送られているそうです

では、一体なにが原因なのでしょう。

誤送信の原因は!?

インターネットで保険見直しの相談を無料で受け付ける「みんなの生命
保険アドバイザー」が先月27日、過去の利用者約2000人に「ブ
ラックリスト様」の宛名でメールを送っていたことが分かった。
 
同サイトを運営するパワープランニング(東京)は「新しい顧客管理シ
ステムを導入した際、誤ったメールを自動配信してしまい、心からおわ
び申し上げます」と謝罪している。
出典 毎日新聞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150307-00000042-mai-soci

新しい顧客管理システムの不具合・・・そんな理由で納得できるのでしょうか。

送られた人は、自分がブラックリストになっているのかと思うでしょう。

 

ですが、

実際にブラックリストがあるのだな、と世間に教えてしまったようなものです。今後のサービスへの影響があるかもしれません。

スポンサードリンク

ミスで済まされるのか

システムの誤動作とはいえ、これはあってはいけないこと。

最近、このようなミスで世間を騒がせるニュースがたくさんあります。

広島県警が捜査資料FAXを同じ民家に5年間誤送信していた ものや、

スポーツドリンクと間違え入居者に消毒液を飲ませる もの、

川崎市で使用済み便検体容器を誤って配布していたもの など

最近話題になったものは多いです。

こういったミスは、個人だけのミスで済まされないもの。各社CSR(企業の社会的責任)を徹底し、このような問題を少しでも減らせるよう心掛けて欲しいものです。

まとめ

・保険の無料相談サービスから「ブラックリスト様」宛のメールが約2000人に送られてしまった

・原因は「新システム導入」の不具合 

・各社CSRの徹底を!

関連記事

 ヤマト運輸の新サービス「ネコポス」「宅急便コンパクト」 郵政どう対応する?

離婚後300日問題の解決法と問題点について DNA鑑定は万能か…?

パーフェクトベビー症候群とは?願望と倫理どちらを取る