「ダウン症」の90%が幸せ・職場にも満足していると答えてるらしい!

ダウン症の人の90%が幸せを感じている

ダウン症の人の90%が毎日幸せを感じていて、職場にも満足していると答えたとNHKで報道されました。

ダウン症とは、生まれつき染色体が1本多い状態で生まれてきた人のことで、ほとんどの人が知能の遅れなどを引き起こしてしまうそうです。所謂「障がい者」と呼ばれる人たちのことで、私たちの漠然としたイメージでは、毎日困難が多く、偏見などもあり大変なのでは・・・と思ってしまいがちですが、この結果は純粋にうれしいものですね。

スポンサードリンク

初めての大規模アンケート、852人が回答

今月5日、東京・文京区でダウン症のある人の教育や就労、福祉環境について考えるシンポジウムが行われた。その中で、発表されたのは、厚生労働省の研究班が去年行った、ダウン症のある人たちを対象にした、初の大規模アンケートの結果だ。

そのアンケートからは、ダウン症のある人たちの実情がみえてきた。そのアンケートの結果の一部を見てみる。(回答したのは、12歳以上の852人)
出典 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20161013-00000074-nnn-soci

 

(1)「毎日幸せに思うことが多い?」

はい…71.4%
ほとんどそう…20.4% 

「はい」と「ほとんどそう思う」と答えた人を合わせると、90%以上にのぼる
出典 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20161013-00000074-nnn-soci

https://jooy.jp/54960
https://jooy.jp/54960

(2)「仕事をしていて、満足な気持ちがありますか?」

はい…66.0%
ほとんどそう…21.7% 

こちらも、「はい」と「ほとんどそう思う」と答えた人はあわせて90%近くにのぼった。
出典 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20161013-00000074-nnn-soci

 

足りない部分を補って、共に生活できる社会を

今回の結果は、ダウン症の人々が過ごしやすいような環境が作れている周りのサポートがあってこそだと思います。

人はだれしも足りない部分を持っています。そういう部分を支え合って、認め合うことで、私たち健常者も幸せを感じることが出来るのではないでしょうか?