マッキー・サル

 【ジュネーブ時事】世界保健機関(WHO)は17日、セネガルで確認されたエボラ出血熱の男性患者が回復し、接触した可能性のある人の追跡調査でも新たな感染者が出なかったとして、同国の感染拡大が終了したと発表した。セネガルは人から人への感染が確認された国ではないが、「感染ゼロ」が宣言された初めての国となった。
男性は、ギニアで感染者と接触後、陸路でセネガルに入国。8月末にセネガルで初めての感染者となった。9月上旬の検査で陰性となり、その後ギニアに戻ったという。
男性と接触した約70人も追跡調査したが、最長潜伏期間の2倍となる42日を過ぎても、新たな感染例は出なかった。
引用元:時事通信ーhttp://news.goo.ne.jp/topstories/world/329/0dc3f76c98c8a76e6cd986acf87616bc.html

スポンサードリンク

キタ━(゚∀゚)━!

って感じで嬉しいです。
エボラが取り上げられてから日にちは経ちますが、ポジティブな記事を見たことがありませんでしたから。

勿論今後もセネガルは人が行き来し、新たな感染者が出る可能性も考えられます。
しかし感染の拡大を防いだという事実はめちゃくちゃ大きい!
今後日本において1人目の感染者が出たとしても、100%拡大するとは言い切れない事が明らかとなりましたから。

しかもこの唯一の感染者、回復しているんですよね。
つまりセネガルでエボラの被害を受けた方はいらっしゃらないと。
素晴らしい!

しかし何故、エボラ最頻地であるギニアに隣接しながらこのようなゼロ宣言を行うことができたのでしょう?
不思議でなりません。

ま、とりあえず今日はセネガル第4代大統領マッキー・サル氏の画像でも拝んでおきましょう。

マッキーサル氏

マッキー・サル

0f7437f5