mooc

季節は冬。

こんな寒い日は、学校になんて行きたくないですよね。

「パソコンを開けば世界中と繋がれるのに、どうして“登校”しなきゃなんないんだろう…?」

もちろん様々な理由はあるのですが、実は今家にいながらでも学習できる、“遠隔授業”というものがあるのです。

 

遠隔授業とは?

遠隔授業とは早い話、おうちでテレビやパソコンを介して授業を受けられるというもの。

これ自体は今に始まったことではなく、例えば予備校だったりは既に取り入れていますよね。

 

しかし今話題となっているのは、大学と高校です。

文部科学省は来年2015年より、ネット大学とネット高校を解禁しました。

これにより来年以降は、遠隔授業を行う学校が増えると思われます。

 

因みに原則“生中継”で、録画は用いられないとのこと。

個人的には、教員の方は困るのかもしれませんが、全て録画にしたほうが何度も見れたり、人件費も浮いたり、効率的なのではないかと思います。

スポンサードリンク

もちろん賛否両論

新しいことには、賛否両論あるのが当然です。

以下に、遠隔授業のメリットとデメリットを並べました。

それぞれの意見を見て、ご自身は賛成か反対か考えてみてください。

 

メリット

  • どこでも授業が受けられる
  • 土地・設備を必要としない
  • 人件費が浮く

デメリット

  • 対人関係が育まれない
  • 体育や理科など、物や場所を必要とする授業ができない
  • インターネット環境が必須である

 

おわりに

賛否両論の通り、この遠隔授業にはメリット・デメリットがあるようです。

しかし少なくとも、従来のような体育やって、実験やって、などのバランスの良い教育はしにくくなるように思います。

もっとも、それが本当に必要であるのかも考えなければなりません。

 

ただ座学という面では、今では家にいながら東京大学やハーバード大学の授業を受けられる時代です。

遠隔授業を公的にするかどうかは別に、個人としては積極的に取り入れると良いと思います。

 

因みにこの遠隔嬢業、少子化の煽りも受けております。

以下の関連記事も、宜しければ目を通してください。

関連

小学校の40人学級を復活させるメリットとは
学校統廃合のメリット・デメリットとは