男女平等ランキング2014

最近何かと男女平等について討論されています。
先日は妊娠した直後に降格されたと理学療法士が病院を訴えましたし、未だ男女平等の理念は浸透しきっていないのかもしれません。

しかし、日本が男女平等であるかどうかは国の中から見たのではなかなかわかりません。
ですので、ここでは相対的に評価してみましょう。

世界経済フォーラムが毎年公表している、Global Gender Gap Reportと呼ばれる世界男女格差指数と呼ばれるものがあります。
これは経済・教育・政治・健康の4つの点を検討し、男女平等の世界ランキングを定めるというものです。

その結果にを見てみましょう。

スポンサードリンク

 

まず、日本の結果から。
日本は2014年度、104位でした。

これは昨年より1位だけ上がっているものの、G7の中では最下位という結果です。
あまり喜ばしい結果ではありませんね。
中国も87位と日本よりは上位にあります。

 

因みにランキング上位5ヵ国は以下のとおり

1.アイスランド
2.フィンランド
3.ノルウェー
4.スウェーデン
5.デンマーク

です( ‐ω‐)b

因みに1位のアイスランド、かれこれ5年連続の1位です。
ですからアイスランドは“女性たちの楽園”なんて呼ばれていたりします。

というのも、アイスランドでは男女共に3ヶ月の休暇を取ることができます(しかも9割以上がこの制度を利用している)。
また指標の1つである政治にしても、議会の5割弱が女性です。
女性の大統領も誕生していますしね。

 

という事で、日本は相対的に見て男女平等な社会ではないということです。
G7で最下位は流石に良くないと思うので、少しずつ変わっていってほしいですね。

男女平等ランキング2014はコチラ