「みなと銀行」「関西アーバン」の2社売却。関西地銀がヤバい

関西の地銀がヤバい!

http://www.ako-minpo.jp/news/802.html
http://www.ako-minpo.jp/news/802.html

関西の地元銀行として知られている「みなと銀行」「関西アーバン」の2社が売却されることがわかりました。

三井住友フィナンシャルグループ(FG)が、傘下の第二地方銀行である関西アーバン銀行(大阪市中央区)とみなと銀行(神戸市中央区)を売却する方向で最終調整に入ったことが分かった。

売却先は、りそなホールディングスが最有力となっており、交渉は大詰めを迎えている。
早ければ月内に合意する見通しで、金融グループの系列を超えた地域金融機関の再編が加速することになる。

三井住友FGは関西アーバン銀行の株式の60%、みなと銀の46%(いずれも議決権ベース。昨年3月末)を保有する。
複数の関係者によると、りそなは両行に対し株式公開買い付け(TOB)を行うことを視野に三井住友から保有株を取得することを検討している。
出典 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00050057-yom-bus_all

スポンサードリンク

売却されるとどうなるの?

みなと銀行や関西アーバン銀行を利用している人は、三井住友銀行からりそなホールディングスに売却された後どのような変化があるか気になりますよね。

基本的には、大きな変化はありません。

しかし、今までみなと銀行や関西アーバンで行っていたキャンペーンなどがなくなったり、りそなホールディングスで取り扱っているサービスが始まるなどの変化はあるかと思います。

買収されてみないとどうなるかはまだ確定では言えませんが、

口座残高の変更や、手数料の変更、銀行口座の停止など、皆さんが想像しているようなことは起きないので問題ありません。

 

みなと銀行も、関西アーバン銀行も関西では昔からある地銀です。今後は売却・買収されどのような変化が起きるのか不安が高まります。続報に期待していましょう!