辺野古

阿部政権は、米軍基地のための名護市辺野古地区の埋め立てのためのボーリング調査を再開した。

当然ながら移設に反対して当選した翁長知事はもとより沖縄県民は反対をしている訳だけれど、政府は前任の仲井真知事の許可、辺野古地区の漁業者の同意もあり、強引に進める事になる筈。

 

思うのは、今でこそ日本の空の玄関口になった成田国際飛行場、あの時も一部の地権者、学生運動家などがバリケードや小屋を建てて徹底的に反対したけれど、時の政府が強引に進め今日に至った経緯はある。

性質は異なるけれど、図式的には何かしら感じは似てなくもない。

 

翁長知事は実は以前は移設賛成派だった記憶が有るのだが、移設反対を唱えて知事になった手前、最後まで反対を貫かなければならない立場になってしまったのは本意か不本意か悩ましい。

先の衆議院選挙で沖縄地区は反対派が全員当選を果たした訳だから、沖縄県の民意とすれば、票数拮抗といったところで移設反対が民意と受け取らなければならないけれど、少なからず賛成派も居たことは事実。

 

スポンサードリンク

翁長知事は、実のところ想像するに、何かしらの折衷案が有れば已むおえずの感覚で承認した可能性もある政治家と思うのだが、昔のように総理と知事を結ぶ身を切る政治家が今は全く居ないのが事のおさめ方とか貧困さを表している。

 

今更の話に成るけれど、当時の野田総理の尖閣の国有化が端を発してる訳だし、あの時、中国と話のできる力のある政治家が居たなら、もう少し展開も日中関係も変わったものになっていただろうし移設も強引に進めなくても良かったはず。

沖縄の人達も普天間の危険性を除去する事には反対は無いはずだから、もう少し政府も県も良好な関係を構築できれば移設もそれほどの反対は今よりは無かった感じがする・

それはそうとして中国、北朝鮮の事を考えると移設反対ばかりが正解とは思われないし、沖縄県の人達の中にも脅威を感じてる人達は必ず居るはずと思うのだが。

阿部総理も移転に際しアメリカの懸念がちらほら聞こえるものだから急ぐ気持ちは解るけれど、話に交渉の余地は無くても交渉のアリバイは作っておいた方が良い感じもするけれど、翁長知事との面会も拒むくらいだから、いずれにせよ強引に進める事に腹をくくったのだろう。