日比谷公会堂

 東京都は25日、耐震工事などを実施するため、日比谷公会堂(千代田区)の使用を2016年度から休止すると発表した。外観の保存に配慮した工法を検討するため時間がかかり、使用再開は20年以降を想定している。

出典:毎日新聞ーhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141225-00000090-mai-soci

日比谷公会堂に思い入れがある方は多いようです。

皆さんの身近なところだと、コンサートなどで足を運んだことがあるかもしれませんね。

 

ただ、この日比谷公会堂は以前より地震対策については危惧されておりました。

実際足を運ばれるとわかるのですが、周囲のコンクリートには多数のひび割れが。

また文化遺産にも登録されており、今後も残していく必要があるため、今回の工事に踏み切ったというところでしょうか。

スポンサードリンク

つまり工事はするけど、再開もする

引用記事の前半のみを読んでか、Twitter上ではまるで永遠のお別れのようなコメントが多数。

「すごく残念」

「思い出たくさんな場所なのに」

「古いから仕方ないよね」

煽り

出典:煽り画像・ネタ画像まとめーhttp://e-village.main.jp/gazou/entry/000015.html

再開しますよ!

 

わかりやすくまとめると

2016年年度から耐震工事開始

2020年以降に再開予定

ということです!

 

 耐震するなら、今すぐに!

日本は以下の記事でも書いたように

関連:全国地震動予測地図 2014年度版公表。関東・関西、全部やばい

今後も自身に多数会うことが予想されます。

 

一方で、建築物の三分の一以上が、耐震対策不十分とのデータもあります(参考)。

文化遺産に登録されている日比谷公会堂と同じようにはなかなかいかないでしょうが、これに倣って地震対策を積極的に行っていきたいものです。

 

個人の対策はこちら☟(´^∀^`)☟

関連

【御嶽山】噴火は予知予測出来なかったのか?不可能なのか

東京一極集中とは?原因やメリット・デメリットについて