イヌサフランとギョウジャ(行者)ニンニクの見分け方について。

イヌサフランとギョウジャニンニクを間違えて食す事故がたびたび起こっているようですね。

私は栽培をした事がありませんがニンニクは好きなので、少し調べてみました。

スポンサードリンク

スーパーなどでギョウジャニンニクを買えばほぼ間違いないですが、先日のサバフグの件といい、その見分け方を把握しておいて損は無いです。

でも大丈夫!

この2つは見た目ですぐわかります!

a-crocus-p4

引用元:農研機構

いえ、ぜんぜん解りませんね、見たところ。

でも実は花まで育つとすご~く見分け方は簡単なんです。

A0820_picture_normal

4965786

引用元:上 みんなの花図鑑 下 Mamiiの雑日記

上がギョウジャニンニク、下がイヌサフランです。

そうなんです、イヌサフランの花は皮肉にもめっちゃ綺麗なんです。

しかしギョウジャニンニクはまだ葉も開かない状態のものがもっとも好まれますから、花が開くまで待てません。

 

で、見分け方は?

見分け方は大きく分けて2つあります。

1つは葉の形体です。

image

soumm142-10 (1)

引用元:上 e-yakusou.com 下 http://gamaayu.no-blog.jp/photos/uncategorized/2014/04/21/image.jpeg

 

わかりますかね?

上がギョウジャニンニクで、下がイヌサフランです。

ギョウシャニンニクの葉は比較的少なく、隙間が空いています。

それに対しイヌサフランは、隙間無くいくつ物葉が重なっています。

これが1つめの見分け方です。

 

2つめは匂いです。

イヌサフランが基本的に無臭なのに対し、ギョウジャニンニクは芽生えからその球根を摘むときまで臭いがあります。

特に農家の方が栽培しているものではなく野生のものは、失神するほど臭いようです。

これなら見分けることが出来そうですね。

 

ギョウジャニンニクは味もさることながら、健康食品としても大変人気のようです。

なんでも、血圧の安定、視力の衰えを抑制する効果があるそうです。

しかし、それを誤ってイヌサフランを食してしまえば効果は真逆です。

視覚、嗅覚ともに駆使してしっかりと確認しましょう。