渋谷警察署19人結核感染・・・現代でも結核は危険な病気!

渋谷警察署で19人が結核に感染

本日、かなり怖いニュースが放送されました。

警視庁の渋谷警察署で、去年末からことしにかけて署員19人が結核に感染し、このうち6人が発症していたことが分かりました。
署員の一部は投薬治療を続けていますが、今のところ一般の人への感染は確認されていないということで、渋谷警察署が感染経路などを調べています。
出典 NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160412/k10010475611000.html

 

渋谷警察署の調査では、

・留置所で留置していた60代の男性が結核発症していた

 ↓

・留置の担当だった警察署担当者が感染

 ↓

・感染しているか調査したところ、19人が感染、6人が発症していることが分かった

 

今回話題となった結核。感染すると死に至ることもある恐ろしい病気です。

現在は治療薬や投薬が決まっていますが、それでも危険な病気であることをご紹介します!

 

スポンサードリンク

 

 

結核とはどんな病気?

large
出典 weheartit http://weheartit.com/entry/group/75272451

 

意外と知らない、結核の症状や治療法などをご紹介します。

 

(1)症状

結核の初期症状は風邪に似ているので注意です。

・咳

・淡

・微熱

こういった症状が長く続いてしまうのだとか。風邪は大体1週間から10日で治るのが普通らしいので、それ以上続いている場合は気にしたほうがよいかもしれません。

 

・食欲不振

・寝汗

・体重の減少

・だるさ

・息切れ

・血の混じった痰

・血を吐く

ひどくなるとこういった症状が出てくるそうです。

 

(2)感染の仕方

結核の人のくしゃみなどで菌が外に出されて(排菌)しまい、空気感染します。

マスクなどで防ぐことができるそうです。

 

(3)感染と発症の違い

・結核菌が中に入ると、基本的に体内の免疫力で退治することができるため感染はあまりしませんが、

 感染しただけでは症状も出ません。排菌もおきません!

 

・結核菌に感染したあとに、結核菌が動き出した状態を「発症」といいます。

 発症すると血を吐くなどの症状が進み、排菌なども行うようになるのです。

 

 

早期発見が重要

結核は対処法などがありますが、発見が遅れると危険なので早期発見が重要です!

渋谷警察署の近くを通った人は検査に行ってみるとよいかもしれません。