【機内出産】カナダ人の件、赤ちゃんの危険性も考えると…

 10日午後0時50分ごろ、成田空港から北東に約565キロの太平洋上を飛行中のカルガリー発成田行きエア・カナダ9便ボーイング767が、機内で乗客が出産したとして緊急事態を宣言し、約1時間後に同空港に着陸した。

 国土交通省成田空港事務所によると、出産したのはカナダ国籍の女性(23)。出産時の状況は不明だが、母子ともに良好な健康状態という。
出典:産経ニュースーhttp://www.sankei.com/life/news/150510/lif1505100045-n1.html

 

――つまり、空の上で赤ちゃんが生まれたということ。

いかがでしょう?

ロマンチックに思いますか?

 

しかし一方で、医師や赤ちゃんの安全性の面を見ると、必ずしも喜べないのかもしれません。

その辺について指摘されている方が多くいらっしゃったので、まとめておきたいと思います。

 

スポンサードリンク

カナダ人女性の機内出産に対する意見

以下が、このニュースを知った方々の意見です。

 

  • 今回は無事だったけど、結局また新生児を飛行機に乗せて帰国しないといけないんだよね…
  • 同じ妊婦として、大きなお腹で飛行機に乗る気持ちがわからない
  • 立ち会った医者は大変だっただろう
  • 産後の貧血も心配だっただろう
  • 美談にすべきではない
  • 母親はそんな状態で飛行機に乗るべきではなかっただろう
  • FBでイイネ!されてる意味がわからない

 

などなど…。

流石に、あまり参照している方はいらっしゃらないようですね。

 

ちなみに国籍は?

日本では、日本国籍を持たない外国人が日本で子供を産んだとしても、日本国籍は与えられません。

これが仮に与えられるとなると、ハワイに殺到するように中国の方がもっと来ているでしょうね。

日本はパスポート最強ですし

 

関連
強いパスポートランキング2015 日本は信用されている!

 

ただ、今回カナダ人女性も、何か急に来なければならない理由があったのかもしれません。

その点が明らかになるまでは批判はできないのかもしれませんが、通常このような機内出産はあまり喜ばしいことではないでしょう。

子供関連
シワシワネーム一覧やランキングで、しわしわ度チェック!

パーフェクトベビー症候群とは?願望と倫理どちらを取る

赤ちゃんポストはなぜ匿名性?