幸福の科学大学

文部科学省の大学設置・学校法人審議会は29日、来春に予定している大学3校と大学院5校などの開設を認めるよう下村博文文科相に答申した。一方、学校法人「幸福の科学学園」が認可申請していた幸福の科学大学(千葉県)は、学校教育法などに基づき「大学教育を提供できるものとは認められない」として開設を「不可」と判断した。

出典:産経新聞ーhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141029-00000551-san-soci

皆さんは幸福の科学をご存知でしょうか?
これは日本発祥の宗教団体ですが、世界120ヵ国に会員組織があることもあり、名前は聞いたことがあるかもしれません。

幸福の科学出版、幸福実現党、幸福の科学学園などなど…。
様々な活動を行われています。

そしてこの度2012年にその計画概要が発表がされた幸福の科学大学が――文部科学省により開設不可とされました。
理由は様々な物がありますが、最も大きな点は文部省いわく、

「大学は学問を学ぶところであり、大川総裁の考えを学ぶ場ではない」

というものです。

スポンサードリンク

しかし一方で、私たちが思いつく新興宗教大学といえば、創価大学が思いつきます。
では何故創価大学は許可されて、幸福の科学大学は許可されなかったのでしょう?

時代や会員数の違いなど様々な理由が考えられますが、今回の論点はその教育方針によるもののようです。

創価大学には仏教系を専攻する学部は一切ありません。
しかしこの幸福の科学大学は必修で組まれており、そこでは大川総裁の著作を教科書として使用する方針が有りました。
しかしこの本の中には“普遍化されていない知識”が記述されていましたが――文部省曰く、それを学ぶことは学問とは呼べないそうです。

因みに今回文部科学省はたいへんお怒りで、幸福の科学大学の開設を今後最長5年間は不可としました。
というのも、学校開設にあたり文部科学省に大川総裁の著作が大量に送られてきたとか。→参考

 

もし仮に幸福の科学大学が実現しておれば、中・高・大が実現できただけに、痛手となったかもしれませんね。

今後の展開については、公式ホームページをご覧下さい。