高齢者ストーカーの事例にキモイ・怖いの声多数【スッキリ】

高齢者ストーカーがスッキリで特集

先々月の5月28日は、あさイチで高齢者ストーカーの特集が放送されましたが、

本日7月2日も、スッキリ!で高齢者ストーカーの特集が放送されました。

 

これもひとえに、高齢者のストーカーが増えているのが原因でしょう。

曰く、10年で4倍以上の件数になっているとか。

 

 

今回放送された内容では、前回はなかったような具体的事例が紹介されました。

この事例を知れば、なにかしらの対策が出来るかもしれません。

 

ということで、ご紹介しますね(;´Д`)

 

スポンサードリンク

新たに紹介!高齢者ストーカーの事例と特徴

  • 高齢者がレジ係の女性に興味を持ち、レシートに書かれている名前をフェイスブックで検索して、自宅を割り出した
  • 「お釣りを渡すときに手が触れて勘違いさせた」と思っている
  • ロマンチックなアプローチが有効だと考えている(玄関に花束など)
  • 粘り強くアプローチすれば、願いは叶うと思っている
  • 下の名前で呼ばれると、脈アリだと勘違いする
  • バイト終わりに自転車のかごに「お疲れ様」というメモが入っていた

今日放送された内容は、このくらいだったでしょうか。

 

 

特に一番上のSNSを駆使した自宅の割り出しは、意外な盲点だったかもしれませんね。

心配な方はSNSに自宅周辺の画像を載せたり、本名で登録することは避けたほうが良いかもしれません。

 

高齢者ストーカーの対策については、以下の記事をお読みください。

高齢者ストーカーの対策方法⇒