給食費未納問題はなぜ起こる?払えるのに払わないのはなんで?

給食費未納問題はなぜ起こる?

 学校給食費を「払えるのに払わない」とみられる未納が相次ぎ、埼玉県北本市立の中学校4校は、3カ月未納が続いた場合は給食を提供しないことを決めた。実施は7月から。未納額が膨らんだことによる苦肉の策だが、各家庭に通知したところ、該当する保護者43人のうち、納付の意思を示さない保護者は3人に激減した。

出典:朝日新聞ーhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150625-00000009-asahi-soci

 

上記のニュースは、学校の給食費が3ヶ月続いた場合には給食を停止すると決めたもの。

その結果を保護者に通知したところ、ほとんどの人は支払ったというものです。

 

しかし不思議に思いませんか?

なぜ、月々5000円程度の給食費を支払わないのか。

 

金銭的に支払えないものでもないでしょう。

ということで、支払わない人の意識をまとめました。

スポンサードリンク

給食費を未納・滞納するのはなぜ?

給食費を払わない家庭の言い分は、以下のとおり

  • 家計的に苦しい
  • 給食ではなく弁当を食べさせているから
  • 同じように払わないでいる人が居るから
  • 義務教育だから
  • 頼んだ覚えがないから

などなど…。

 

わがままな意見が目立ちますが、統計的に見ると低所得者が多い地域と、

給食費未納率には一定の相関があるようです。

 

法的処置は取れないの?

法的処置についてですが、既に行っている地域もあるようです↓

学校給食費の滞納がある人へ法的措置を開始しました

 

まぁ全国の給食費未納の合計は20億円以上と言われていますから、決して無視できない実態です。

今回の埼玉県のような対応が増えると良いですね。

 

学校給食の懐かしい思い出…

学校の給食のソフト麺とは?通販での販売も