加計問題「内部告発者」を処分検討か…義家副大臣

加計問題、変な方向に・・・

総理の意向が働いていたなどという内部文章を公開し、総理が友人に有利になるように動いていたのではないかとされている、加計問題。

それが、今まさに変な方向に進んでいます。

安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設問題で、「総理のご意向」と書かれた文書の存在などを告発した文部科学省の内部告発者について、義家弘介文科副大臣は13日の参院農林水産委員会で、国家公務員法違反(守秘義務違反)で処分する可能性を示唆した。
出典 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170613-00000059-asahi-pol

勇気をもって内部告発した人が、守秘義務違反で処分される可能性があると義家弘介文科副大臣が発表したのです。

スポンサードリンク

内部告発したことが罪になる

https://www.youtube.com/watch?v=mqCkP4svzdk
https://www.youtube.com/watch?v=mqCkP4svzdk

 

勇気をもって内部告発した人が、守秘義務違反で処分されるというのは、いささか不自然な印象を受けます。

今回、総理の意向が働いてたのではないかという問題を通して、総理が白であることはいまだ解明されていません。本当に白であるかもわからないのに、処分を検討しているのは不自然な感じがしますよね。

 

一般企業でも、内部告発によって悪い風習が明るみに出て、改善されるというケースがあります。もし、国会で守秘義務違反で処分されるようであれば、一般企業にも「内部告発は悪いこと」ということを根付かせてしまう可能性があるため、慎重に進めてほしいですね。

森氏が「『(告発者を)守る』と言えないのか。勇気を持って告発した人たちの権利を守ると言って欲しい」と求めると、義家氏は「一般論」と断った上で、「告発内容が法令違反に該当しない場合、非公知の行政運営上のプロセスを上司の許可無く外部に流出されることは、国家公務員法(違反)になる可能性がある」と述べた。
出典 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170613-00000059-asahi-pol

内部告発された内容が違法でない場合処分・・・ととれる発言。

国家公務員法でなくとも、守秘義務を契約している社員は多いはずです。こういった問題が社会全体に影響することを考え、しっかりと対処してほしいです。