幸せの秘訣「オキシトシン」とは?SNSの普及で不足しがちなオキシトシンは健康・浮気防止効果

「オキシトシン」は幸せホルモン

large

出典 weheartit http://weheartit.com/entry/group/71449892

 

オキシトシンは、脳の疲れを取り除いたりストレスを解消する効果のあるホルモンです。

現代社会はストレスで溢れているため、オキシトシンが多く分泌されている人ほど「幸せだ」と感じやすくなったり、笑顔が増えたりするのです。

 

しかし、現代人はこのオキシトシンが不足している状態なのだそうです。

今回は、このオキシトシンについてご紹介します♪

 

スポンサードリンク

 

 

身体が触れ合うことで生成される

オキシトシンは、人と人が触れ合うことで発生する成分です。

しかし、現代社会ではSNSの普及により、顔が見えない相手とのコミュニケーションが増えているのです。そのため、オキシトシンがうまく発生せず、不足している状態なのだとか。

 

触れ合うのは、家族・恋人はもちろん、犬や猫などに触れることでも生成されるのです。

アニマルセラピーはオキシトシンが大きく関わっているといわれているほどです。

 

 

オキシトシンの驚くべき効果

オキシトシンには、以下のような効果があるといわれています。

 

●幸福感を得ることが出来る

●ストレス緩和(脳、心にアプローチ)

●不安、恐怖心がなくなる

●信頼する感情が増える

●社交的になる

●親密な人間関係を結ぼうとする

●学習意欲の向上

●記憶欲の向上

●感染症予防

 

 

 

人によって個人差があるのですが、オキシトシンが増えて困ることはないそうです!出来るだけ生成されるようにしたいですね。

 

 

浮気防止効果も

オキシトシンが正常に生成されていると、浮気をしようと考えなくなるそうです。

特に、父親は子供と積極的に関わることでオキシトシンが生成されるため浮気防止になるのだとか。

 

 

ちょっとしたことから「幸せ探し」

また、例えばコンビニに行って買い物をして家へ戻る、というあまりにありふれた日常にも、オキシトシン分泌に繋がる「きっかけ」が潜んでいるといえます。
ちょっとしたタイミングで、見知らぬ他人に道を譲ったり、ドアを開けてあげたり、「ありがとうございます」「ごちそうさまです」というような言葉を使うように心がけるだけでも、オキシトシンの分泌に繋がるのですから。
出典 リクナビ http://next.rikunabi.com/journal/entry/20151128

 

幸せホルモンをたくさん生成して、身も心も幸せになりたいですね!