脂肪肝

脂肪肝を治すには早歩き?

食べ過ぎなどによる脂肪肝は、早歩き程度の少し強めの運動を毎日30分以上続けると改善する、との研究結果を筑波大の研究チームが発表した。改善が期待できるのは、過度の飲酒が原因ではない非アルコール性脂肪性肝疾患。体重は減らなくても効果があるという。

出典:朝日新聞デジタルーhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150405-00000020-asahi-soci

 

脂肪肝の症状と、従来の改善方法

脂肪肝は直接的にはあまり問題はないものの、肝硬変へと移行する確率も存在します。

肝硬変は肝臓病の一種であり、症状として吐血、意識障害を伴うものです。

さらに、希に肝細胞癌も併発する可能性があるというもの。

できれば、脂肪肝の時点で食い止めておきたいものですよね。

 

そして今回筑波大が明らかにしたのは、毎日30分早歩きをするというもの。

従来の改善方法は食生活の改善が中心であったため、これは新しい発見になりますよね。

それに、早歩きであれば誰にでも可能ですし。

スポンサードリンク

30分早歩きを距離にすると?

因みに30分早歩きとのことですが、これを距離に治すとどうなるか。

一般的には、普通に1時間歩いて4kmと言われております。

ですから30分ですと、大体2km。

早歩きですから、2.5km~3km程度と考えればいのではないでしょうか?

 

結局、運動と食事

結局、ほとんどの病気は運動と食事で起こるものですから、その2つを改善すれば良くなるものなんですよね。

最近書いた以下の記事もそうです

血管年齢を若くするには、カルピスと体操が良いらしい

 

あとはアルコールを摂り過ぎないとか、タバコは吸わないとか、よく眠るとか…。

基本ですよね。

 

今回「30分早歩きが有効」と明らかになったわけですが、「よし、なら早歩きしよう」とすぐ改められる人はどの程度いるのでしょうか?

自分の意志の弱さに悩んでいる人は、以下の記事を参考にしてください。

AARがNHK「サキどり」で話題に。アメリカ陸軍の事後検証らしい