浅草 塩ひつまぶし

シューイチ!で紹介。塩ひつまぶしとは?

本日の「シューイチ」で、「塩ひつまぶし」なるものが紹介されました。

ひつまぶしといえば、お櫃に温かいご飯をよそい、その上に切った鰻の蒲焼を乗せて、タレをかけて食べるというもの。

美味しそうですねぇ~(*´ч`*)

ひつまぶし出典:マーベラスSーhttp://blog.goo.ne.jp/goo8823-h/e/a99bcb02cb21d0f10220f9f44c8bdbb3

 

そして、今日ご紹介するひつまぶしは、ただのひつまぶしではありません。

「塩ひつまぶし」です!

因みに通常のひつまぶしは名古屋が有名ですが、「塩ひつまぶし」といえば浅草です!

スポンサードリンク

浅草の「うな鐵」で「塩ひつまぶし」を食べよう!

浅草 塩ひつまぶし出典:hidelog-http://matsuihideki.jp/319

 

上記が、塩ひつまぶしです。

見る限り、先ほどのひつまぶしと比べて少し色合いが淡白ですよね。

それもその筈、この「塩ひつまぶし」は鰻を塩焼きしているのです!

 

そして、ご飯に乗せた後かけるのも、塩ダレ

こうすることで、鰻特有の味を引き出すことができるとのことです。

また皮もパリパリとしていて、食感も従来のひつまぶしとは大きく違うとのことです。

 

「塩ひつまぶし」のおいしい食べ方

それでは、ここでこの塩ひつまぶしの一番美味しい食べ方をご紹介します。

それはズバリ、お茶漬け

なんでも、塩が邪魔しない程度に効いているため、薬味との相性もいいとのこと。

 

因みにあえて物足りない点に触れておくと、やはり通常のひつまぶしと比べて味は必然的に薄くなります。

そのため、中にはうなぎ特有の「匂い」のようなものを感じてしまう方もいらっしゃるようです。

 

値段について

ちなみにお値段は、一人桶で3170円です!

 

うな鐵

そして、この「塩ひつまぶし」を出されているのが、浅草にある「浅草うな鐵」というお店。

先程は塩ひつまぶしについてご紹介しましたが、このお店は勿論通常のひつまぶしも出されています。

――というより、むしろ通常のひつまぶしを頼まれている方の方が多い印象です。

 

どうやら、「東京でひつまぶしなら浅草うな鐵。あそこは、塩ひつまぶし“も”置いてるし」という認識のようですね。

 

お店の詳細等は、以下よりどうぞ!

浅草うな鐵