世論調査「消費税10%肯定派」が過半数!ネットでは嘘つきの声!

消費税10%の肯定派が過半数・・・本当?

http://jin115.com/archives/52102246.html
http://jin115.com/archives/52102246.html

もともと5%だった消費税が平成26年4月に8%にあがりましたね。平成27年10月に10%に上がるといわれていた消費税ですが、景気の影響などもあり延期されています。

そんな消費税10%に増税されるのは平成31年(2019年)だと言われています。

 

そこでFNNが増税に対しての世論調査をしたそうなのです。

消費税率10%への引き上げ肯定派が、過半数となった。
FNNが、17日までの2日間、全国の有権者1,000人から回答を得た世論調査で、安倍首相が表明した、2019年10月の消費税率10%への引き上げに「賛成」と答えた人は、半数を超え(53.6%)、「反対」は4割(40.8%)だった。
出典 FNNニュース http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160718-00000776-fnn-pol

 

スポンサードリンク

ネットでは「嘘つき」の声も

TwitterなどのSNSでは、どうしてそういった結果が出たのかがわからず騒然としています。中には「嘘つき」と言う人も。

調査を行ったのは、16日17日の三連休の2日。こんな日にFNNは世論調査を行い、1000人から回答を得たそうです。

嘘つきと言っている人たちの中には、「何故参議院選挙の後にこんな調査をしたのか」という意見もあり、私は納得してしまいました・・・。確かに今行うのは少し違和感がありますね。

 

また、なんの税対策も行われていないのにいきなり上げるのは心配な部分もあります。

現段階では増税できる状況ではないのは、日本に住んでいればわかることなのではないでしょうか?

 

FNNが行った調査の真偽はもちろんですが、調査結果にも疑問の声が上がっています。

これも経団連の思惑通りなのでしょうか・・・?現段階では平成31年の増税が決定しているのでそれまでに対策を行ってほしいですね。