免震

東洋ゴムの免震ゴムが免震材料のデータを改ざん!?

東洋ゴム工業による建築用免震材料の性能データ改ざん問題で、山本卓司社長は、18都府県の計55棟に使われた国の基準を満たさない免震材料(計2052基)について、原則として全て交換する考えを表明した。18日午後、北川イッセイ国土交通副大臣から対策の指示を受けた後、記者団に語った。

出典:時事通信ーhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150318-00000090-jij-bus_all

大阪の東洋ゴムの改ざん免震ゴム使用の建物が都府県55件にわたることが解り、大騒ぎに成っています。

免震材料のデータを改ざんしたというから相当悪質な仕業と言わざるを得ません。

 

建築用免震ゴムはゴム大手ブリジストンが国内全体の約50%を占め、東洋ゴムは1%に満たないシェアーだけれど、それでも合計55棟の役所庁舎や病院が有り、なかでも日立市消防本部、御前崎市消防本部、鳥羽警察署など等、公的機関の物なども多く、県単位でも18都府県にわたっています。

 

担当者単位の問題ではない?

現時点で55件との事ですが、まだ表に出てない事案が無いとは言い切れません。

悪質なのは55件のうち12件は基準を満たしていないことを解りながら使われてたこと、

検品担当者も途中で変わったという会社の説明は理由になりません、むしろ会社ぐるみの感じもしないでも有りません。

スポンサードリンク

東京のマンションを始め、交換には時間もかかる

特に東京辺りの高層マンションは免震ゴムの導入を売りにしていたことも有って、気が気じゃないでしょう。

東京での使った建物は公表されてませんが5棟との事、地震でも来たら大変なことになる訳だから速やかに公表して速やかに交換しなければ事故後じゃ重ねて問題になります。

 

東京を除いて民間の建物が18棟も有ることが解っていて、おそらく交換するにも1~2ケ月単位じゃないはずですから大事です。

問い合わせも2400件以上有ったそうですが、多分ほとんどが分譲マンションの購入者と考えられます。

交換したところで資産価値は下がり、心理的にはいた堪れないでしょう。

元々、免震ゴムは以前から有ったけれど、民間分譲マンションなどでは、それを売りにした高額物件が多く、庶民が購入するには多少無理しなければ買えないものが多かった訳で、東日本大震災をきっかけに多少高くても購入する人は増えていきました。

 

おわりに

前にも構造建築設計士の耐震問題が有って、基準値以下の設計をして大きな問題になりました。

その人は、刑事罰を受けて社会から葬られました。

今回の改ざんもそれに等しく、会社の責任は重いはずです。

免震ゴムは横揺れには強いとの事ですが、縦揺れにはそれほどの効果は無いようです。

地震の無いことを願うばかりです。

 

もはや自分で守るしかない?↓

地震関連

全国地震動予測地図 2014年度版公表。関東・関西、全部やばい

玄海原発・島根原発が廃炉へ。今後の問題点とは

【御嶽山】噴火は予知予測出来なかったのか?不可能なのか