焼きヨーグルト オープントースター 作り方

最近は、なんでも焼くことがブームですよね。

焼きプリンとか――まぁそれしか思いつかないんですけど、他にもあったはずです(;´∀`)

 

今日ご紹介する焼いちゃいましたシリーズは、なんとヨーグルト!

すなわち、焼きヨーグルトのご紹介です( ‐ω‐)b

 

スポンサードリンク

焼きヨーグルトをオープントースターで作る方法:水切りがコツ!

焼きヨーグルトをオープントースターで作るのはとても簡単です。

手順を簡単に解説すると、

 

  1. 砂糖の入っていないヨーグルトを用意する
  2. ヨーグルトをしっかりと水切りする(しないと固まらない原因に!)
  3. 耐熱カップに入れる
  4. オーブントースターで10分ほど焼く(ワット数は標準のものを。足りないようだったらワット数を上げずに焼く時間を伸ばそう)
  5. 冷蔵庫で、30分ほど冷やす

 

焼きヨーグルトの完成★

焼きヨーグルト オープントースター 作り方出典:https://locari.jp/posts/12930

 

因みに味はモッツァレラチーズに近く、食感はカッテージチーズに近いようです。

でも、酸っぱい味は多少残りますね(;´д`)

 

ヨーグルトを焼く意味<カロリーが違います!

この焼きヨーグルトは、「まるでモッツァレラチーズみたいやないか!」というのがウリです。

 

でも、こう思いませんか?

「んなもん、モッツァレラチーズ食うたらええんちゃうの?」と。

 

実はこの焼きヨーグルトは、モッツァレラチーズよりも圧倒的に低脂肪なんですよ。

なんとカロリーは、カッテージチーズの半分、モッツァレラチーズの四分の一程度なんです!

 

それでいてモッツァレラチーズのような見た目・味になるのがウリなんですねぇ~。

 

でも、加熱すると善玉菌・乳酸菌が意味なくなるのでは?

健康志向のあなたは、きっとこう思ったはずです。

でも、乳酸菌って別に焼いてしまっても良いんですよね。

 

その理由は、以下の記事をお読みください。

死んでてOK!「乳酸菌」は生きたまま届ける必要がなかった?!

 

因みに詳しい作り方については、以下のように書籍も出てますよ!

乳酸菌最強伝説

r1乳酸菌が、インフルエンザ・がん・風邪に効果ありの理由