ヤン チヒョルトのポスターと佐野研二郎の原案を比較した

2020年のオリンピックは、本当に色々と問題が山済みですね。

 

最近ですと、新国立競技場に冷暖房設備を設けないことが波紋を呼びました。

またそれに対し安倍晋三首相が「かち割り氷あるし」と発言したことも、ですね。

 

 

それはさておき、2020年東京五輪問題で一番賑やかなのが、佐野研二郎氏のデザイン。

ベルギー・リエージュ劇場のロゴにとっても似ていると、話題になりました。

 

 

が!

 

 

今回また「似ている!」と指摘されているものは、それ以上に似ているようです。

というわけで、比較してみましょう。

 

スポンサードリンク

ヤン チヒョルト展のポスターと佐野研二郎氏の原案を画像で比較!

それではまず、佐野研二郎さんが公開した2020年東京五輪のエンブレム原案をどうぞ↓

 

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-7778.html
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-7778.html

 

 

なるほど、この原案は東京らしさを表しているんですね。

オリジナルに思えますが…。

 

続いてヤン チヒョルトのポスターを見てみると…↓

 

https://twitter.com/Un_grand_ami/status/637724295439843328
https://twitter.com/Un_grand_ami/status/637724295439843328

 

 

 

 

(;゚ロ゚)<えっ…

(゚Д゚)ノ<満点の、一致やん!

 

 

 

 

 

因みにヤン チヒョルトさんは100年前の方ですが、一昨年2013年に銀座の

「ギンザ・グラフィック・ギャラリー(通称:ggg)」で展示会をされています。

 

流石にここまでに似ていると、佐野研二郎さんはどう弁解するのでしょう?

また、ヤン チヒョルトさん側はどう思っているんでしょうか?

 

どんどん敵が増えていっている気がします(;´∀`)