やせ信仰の日本人の原因と影響について その声は届きません…

やせ信仰とは?

やせ信仰とは、痩せていることを何よりも大切だと信じ思い込むことです。

フランスなどでは特にこのやせ信仰が顕著で、痩せすぎのモデルを禁止する法案も可決されました。

 

ただ、日本も他人事ではありません。

曰く、女性の摂取カロリーが戦後よりも少ないとのこと。

 

では、一体やせすぎのどこが悪いのでしょうか?

 

スポンサードリンク

やせ信仰のデメリットとは?

やせ信仰の結果“本当に痩せている”のであれば、以下のようなデメリットがあります。

  • 風邪をひきやすい
  • 寒い
  • 男を含む他人から見ると不健康そうに見える
  • 胸がない
  • 肌のハリがなくなる

などなど…。

 

ちなみにこの「やせ信仰」の意識がより強くなると、

強迫性障害の一種である「拒食症」「身体醜形障害」などにも発展する恐れがあるようです。

 

どうしてやせ信仰が流行っているの?

この原因に関しては、大方意見は一致しています。

それは、メディアが作り上げたイメージによるもの。

 

「女性は細くてなんぼだ!」

「ほら、芸能人はみんな細くて可愛いでしょ?」

「太ってたら彼氏もできないよ?ダサいよ?」

 

こんな声ばかりをテレビでは取り上げますし、肥満の危険を放送しても、やせすぎの危険は放送しませんよね。

そりゃそうです、テレビで人気の女優・モデルはみんな痩せてるんだから。

 

 

とは言っても、メディアの協力なしではとっぱらえないでしょうね。

国も医学会も危惧しているのですが、その声は届かないです。

フランスの件はこっち

痩せすぎモデル問題、フランスが禁止。食事に見直しを