佐野研二郎のzyappuの件は間違い!?「小保方?佐村河内?」の声も

佐野研二郎さんのデザインを改めて比較

2020年に開催を予定している東京五輪のエンブレムが、

ベルギー・リエージュ劇場のロゴに非常に似ていると指摘されている件。

 

改めて比べてみると、以下のようになります。

http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-3697.html
http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-3697.html

 

使われているパーツが単純だからかもしれませんが、似ていることに違いはありませんね。

 

 

ただ似ているだけなのであれば「いや、パクってないよ!」と主張すればいいと思うのですが、この東京五輪のデザイナーである佐野研二郎のFacebook、Twitterはアカウント削除&非公開。

 

また彼のデザイン事務所「MR DESIGN」も意図的にアクセスできないようにされています。

これではパクリを認めていると捉えられても仕方がありませんよね。

 

この件に対してネット上では「佐野研二郎さんは小保方さんですか?」という煽り質問が多く生まれ、それに対して「どちらかというと佐村河内さんでしょう」という回答も多く生まれています。

 

スポンサードリンク

ネームサーバーが「zyappu」だった事で在日を疑われている件について

まぁ在日を疑うのは毎度のことなのですが、彼のホームページのネームサーバーが「zyappu」だったことで、

「在日だ!」なんて声も挙がっているようですが…。

 

個人的には、これは関係ないと思います。

というのも、実は「zyappu」というファッション雑誌が過去にあり、この雑誌は“文字を如何にデザイン化するか”ということにこだわっていたそうです。

 

また日本人を侮蔑する「ジャップ!」のスペルは“JAP”なんですよね。

 

以上2点からも、ネームサーバーが原因で彼が在日であることを断定するのは難しいと思います。

もちろんそうでないとも言い切れませんけどね。

 

というかそんなこと、どうでもいいんですけどね(^-^)

東京五輪さえうまくいってくれれば。

 

※追記

雑誌「zyappu」に詳しい方から、以下のメッセージをいただきました。

ありがとうございます。

 ↓

あえて差別用語をタイトルに使い日本のファッションの良さを伝える、ということで「ジャップ」と名付けられたものですから語源は紛れもなく「JAP」ですよ。
JAP.***というドメインは遥か昔に取得済で今更使えるものではありませんからジャップドメインを取得するとなると「zyappu」「jappu」しかありません。
思想によるものなのか、ファッション感覚なのか、その真相はわかりませんが、どう転んでも差別用語を使っているという事実は変わりませんね・・・